*トップ画像は倉持由香さん自画撮りより
# グラビアアイドル # ビジネススキル

「クソリプおじさん」にどう接する? グラドル倉持由香さんの対処法

「ほどよい距離感」はこう保つ
ツイッターを駆使することによって、グラビアアイドル界に革命を起こした「尻職人」こと倉持由香。彼女のセルフプロデュース術、仕事論を一冊にまとめたのが、初の著書『グラビアアイドルの仕事論』だ。ツイッターにつきものの悩みといえば、いわゆる「クソリプ」だろう。心ない言葉や、おせっかいな返信に、どう対応すればよいのか? 誰よりも「クソリプ」と闘ってきた倉持由香にコツを教わった。

むしろ楽しんでしまえばいい

フォロワーさんからリプライが返ってくるのは嬉しいものの、ときには心ない言葉やおせっかいな言葉に悩まされることもあります。ただ、炎上を除けば反応はあるに越したことはありません。

Photo by iStock

Twitterを使い続けている中で、頻繁に遭遇する「クソリプおじさん」。

例えば、私がラーメンを食べたつぶやきをしたときに「太るからやめた方がいいですよ」といちいちおせっかいな言葉を返してくる人たちや、つぶやきの内容にかかわらず「おっぱい見せて」と言ってくるような人たちのことをそう呼んでいます。

初めのうちはそういったリプライに悩んでいたのですが、あるとき気が付いたのは「この状況を自分なりに楽しめるように工夫した方がいい」ということでした。

必要以上に悩んだり、クソリプおじさんにムキになって反論してもいいことはありません。私の場合は送られてきたクソリプをそれぞれ「おせっかい科」「何目線だよ科」などと種別に分類し、図鑑を作ることを楽しむようにしました。

正直今でも「うわ、また来てるよ……」と思うときもありますが、前より嫌な気持ちになることは減りました。

 

「クソリプはやめてください!」と主張するよりも、純粋な気持ちで応援してくださっているフォロワーさんたちとどう楽しむかを考えた方が建設的だし、精神衛生上そっちの方がいいと感じたからです。

クソリプおじさんモンスターと闘ったところで自分に入る経験値はゼロ。しかも、地味に攻撃力がある分タチが悪いです。

中には番組でのトークを見て「あそこのタイミングはもっとグイグイ行かなきゃダメだよ」などとダメ出しをしてくる“プロデューサーおじさん”もいたりしますが、「ああ、この人は自分の活躍をきちんと見てくれているんだな~」程度に受け止めるのが大切です。

私のアカウント宛に来たクソリプおじさんたちのツイートは逐一スクリーンショットで残しているのですが、いつか『クソリプおじさん図鑑』として世に出したいとひそかに願っています。