損保ジャパン「介護への配置転換」次に同じことが起こる会社はここだ

この流れは止められない
加谷 珪一 プロフィール

システム・インテグレーターの業務そのものも変化を迫られている。

システムの開発現場では、SE(システムエンジニア)やプログラマーが手作業で仕様書を書き、プログラムを作成している。業界に詳しくない人は、意外だという印象を持つかもしれないが、AIの普及によって仕事なくなる可能性が高い職種のひとつとされているのが、SEやプログラマーなのである。

顧客に対する提案や要求仕様の確認といった高度な仕事は残るが、単純な仕様書の作成やプログラミングといった作業は近い将来、AIに取って代わられる可能性が高い。つまりシステム・インテグレーターという業態は、市場の縮小と労働集約的な業務形態、そしてAI化による影響という点で、金融業界とそっくりである。

 

かつて大手の通信器機メーカーであった富士通やNECは、インターネットの普及で通信器機の需要が低下し、両社ともシステム・インテグレーター事業にシフトした。しかし、ここ数年は、クラウド・ビジネスの普及による影響で業績が低迷しており、復活の兆しは見えていない。

情報システムの業態に限らず、市場が頭打ちで、労働集約的な企業に所属している人にとっては、企業内転職は、かなり現実的な話として捉えた方がよいだろう。