〔photo〕gettyimages

ソフトバンク・孫正義のむちゃぶりを解決した男の「ヤバい仕事術」

孫直伝のプロ・マネジメント術を明かす

孫さんの指示ひとつで、3日で100万人の応募が殺到…

「どう考えても間に合わない…」

ソフトバンクグループの創業者である孫正義社長から下される指令は、いつも思わず「無理だよ~」と反論したくなるものばかりでした。

いまでも忘れられないその最たるものが、ソフトバンクがブロードバンドのADSL事業に乗り出して「Yahoo!BB」のサービスを始めたときのことです。都内の雑居ビルの一室でユーザーの受け入れ準備を進めていると、突然、孫社長が「どうなってんだ!」と怒鳴り込んできました。

〔photo〕gettyimages

「三木、お前が仕事を止めてるのか!?」

「いやいやいや、なんのことですか…?」

どうやら孫社長はわれわれがサービス開始に向けて動いている様を見て、その動きの遅さにカンカンになっていたようなのです。そして、ビックリするような指示を飛ばしてきたのです。

「会社に申請した予算は都内26局、6万回線分ですし、まずはやってみないと、どれだけ応募が来るかもわからないし、スタッフもまだ3人だし……」

「うるさい! 一気に全国展開だ!」

 

こう言うと孫さんは本当に、全国1024局で募集をスタート。

そして、3日で100万人の応募が殺到した結果、私たちはそれをたった3人で処理しなければならなくなったのです……。