〔PHOTO〕gettyimages

ドイツを襲う「サハラ熱」の恐怖!この殺人的暑さの原因は何なのか

地球温暖化CO2犯人説への疑問

6月のドイツで40度!?

暑い、暑い、暑い!

6月19日、日本から久しぶりにドイツに戻ったら、テレビ、ネット、新聞などあらゆるところで、不吉な予言が告げられていた。現在、異常な暑さに見舞われているドイツだが、6月26日には、ついに気温が40度に達するというのだ!

ニュースではこれを、「サハラ熱」と呼んでいた。サハラ砂漠の熱い空気が、上空約1500mのところをジェット気流に乗ってヨーロッパに流れてくるからだ。

40度!? ここはドイツだ! 今はまだ6月だ! と、声を大にして抗議したい気分だが、どうしようもない。去年、扇風機が壊れたことを思い出し、慌てて注文。なにしろ、「殺人的な暑さ」とのお墨付きだ。

ドイツでは、一般家庭はもちろん、昔ながらの店舗、ホテル、事務所、レストランなどでは、皆、クーラーがないので、30度にもなるとかなりきつい。学校も3時間目ぐらいで休講になるところが多い。もっとも学校の場合、暑さに弱いのは子供ではなく、教師の方だが。

レストランやカフェは、当然、屋内はガラガラ。お客は外に並んだテーブルのパラソルの下に陣取る。可哀想なのは、炎天下、厨房と外のテーブルの間を延々と往復し続けなければならない給仕の人たちだ。しかも、裸に近い格好のお客とは違い、給仕の人たちは服を着ている。

〔PHOTO〕gettyimages

6月、7月というのは、本来ならドイツで一番素晴らしい季節だ。とくに6月は爽やかで、暑くも寒くもなく、長雨も降らず、良いお天気が続く。しかも、日照時間が1年で最高に長い。だからジューン・ブライドは、世に言われているように幸せになるかどうかはわからないにしても、少なくとも、結婚式当日はお天気に恵まれ、幸せである可能性が高い。

 

しかし、今年は? 毎晩、予報士が天気図を指し示しながら、深刻な顔をしている。刻々と迫り来る巨大台風の進路を追っているような雰囲気だ。

そういえば、その前々週あたりから、一天にわかに掻き曇り、雹が吹き殴っている映像なども出ていた。それも、強風とともに鶏卵のようなのが落ちてきて、屋根は剥がれる、車のフロントグラスも窓も割れるといった、何かの天罰かと思えるような映像だ。

もちろん、これを見た人は愕然とする。異常気象が頻発している。やっぱり地球温暖化は本当だったのだ!CO2を減らさねば!となる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら