photo by iStock

『チコちゃん』が大ブームでも、NHKが素直に喜べない理由

『いだてん』第2部に命運をかける

「30%」を叩き出すチコちゃん

ここ1年ほどのNHKの番組に関する話題は、雑学クイズバラエティー『チコちゃんに叱られる!』(金曜午後7時57分)の成功と、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(日曜午後8時)の低調の二つに尽きる気がする。両番組の記事を目にしなかった日はなかったくらいだ。

 

『チコちゃん』は2018年4月にスタートするや、瞬く間に大反響を呼んで、15%前後の高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録するように。6月14日放送分は13.2%だったが、翌15日(土)午前8時15分からの再放送は16.9%。2日間で約30%の視聴率を稼いでしまうのだから、お化け番組と呼んでもいいだろう。

NHKエンタープライズHPより

ところが、NHKの上田良一会長(71)と、放送現場のトップである木田幸紀放送総局長(64)が定例会見でそのことについて胸を張ることはまずない。民放だったら局内中が大はしゃぎになるはずだが、職員たちも至ってクール。どうしてだろう?

まず、企画もプロデューサーも演出も外部スタッフだからだ。企画を通した制作統括の水高満氏と西ヶ谷力哉氏は、それぞれ『英語でしゃべらナイト』(Eテレ)と『世界の哲学者に人生相談』などを生み出した教養バラエティー畑のエースだが、『チコちゃん』の世に放ったのは、フジテレビ出身の小松純也氏(53)にほかならない。この番組を企画し、プロデューサーの一人として制作に加わっている。