ベンチャーへ転職はアドベンチャー?「大企業出身で失敗する人」の特徴

前職の在籍期間が長いほどキケン
松本 利明 プロフィール

「前職では〜」は禁句

スタートアップやベンチャーに大企業から移籍する場合、マネジメントなどを通して人材育成をリードして欲しいという依頼はついて回ります。スタートアップ、ベンチャーの中には組織運営や人材育成は我流というケースも多いからです。ここに落とし穴があります。

メンバーに対し、教え、指導する目的で「前の大企業では~していた」と前職名をあげて例示してしまうことです。たちが悪いのは、指導する本人はよかれと思い、全く悪気はないところです。

 

大企業の在籍が長かった人ほど危ないのです。転職してきた人は前職と今の職場の組織文化やマネジメント感などの違いはすぐに感じ取ります。無意識でも前職の時と比較してしまうからです。

人は既存の物差しと比較して物事を判断するので前職と比較してしまうことはいたしかたないことです。ただ、スタートアップやベンチャーのメンバーに対し、自分が感じたそのままを伝えることは危険です。

「前の職場では~していた」というと、今のみんなができていないので、同じようにしろと言われたと思われてしまうからです。1回目であれば事例としての紹介かなと受け止めてくれるかもしれませんが、前職と今の職場は別世界なので、いちいち気になるのが普通です。

指導するだけでなく、自分が職場を理解する意味でも「前の職場では~していたけど、この職場では?」と聞いてしまうものです。それが積み重なると終わりです。

photo by istock

前職名を出さないと指導できない人、自信がない人は、この職場に馴染む気がない人だと認識され、誰もついてこなくなります。さすがに誰にも相手にされなくなってくると本人も気づきますが、安定期の大企業のマネジメントの仕方しかできないと悲惨です。

大企業は階層と指示命令系統が明確なので、最後は「部長だから~」など、ポジションパワーを使ってしまうのです。この言葉を発したら最後。スタートアップ、ベンチャーでは誰も見向きもしてくれなくなります。

導入期や成長期の企業は職位に関係なくフラット。ざっくばらんに話しもするし、メンバーと同じような作業も状況によっては上司も行う、まさに誰もがプレイングマネジャー状態なのでポジションパワーは効かないのです。

逆に大企業からスタートアップやベンチャーに移り、成功する人はここを心得ています。その組織に馴染み、影響力を発揮するには段階があることを知っています。

・How to live:その組織のルール、規範に自分がどう馴染むか
・How to learn:その組織に馴染んだうえで、どう学ぶか
・How to work:その組織でどう働き、機能するか
・How to influences:その組織で、どう影響力を発揮するか

この4つのステップを飛ばさずに行います。How to live ができていないのに、いきなりHow to Influences で影響を与えようとはしないのです。

ゆえに「前職では~」とは言いません。「この職場ではどうするの?」と馴染もうとする視点で教わるところから入るのです。