撮影/佐藤圭
# 動物 # 絶景 # 癒し

幻想的な光の乱舞! 清流で繰り広げられる星とホタルたちの競演です

北海道から毎日お届け中!

道内で唯一、ゲンジとヘイケがコラボしてます

北海道沼田町の清流沿いを舞うホタルたちです。

沼田町は石狩平野の北端に位置していて、広大な田んぼがひろがる稲作地帯です。

1999年に放送されたNHKの連続テレビ小説「すずらん」のロケ地として覚えている方もいるかもしれませんね。

 

8月下旬には勇壮な「夜高あんどん祭り」が開催され、多くの観光客がつめかけます。

沼田町はホタルの町としても有名で、カントリーサインもホタルです。

沼田町でのホタルの見頃は7月下旬
 

沼田町では、北海道には本来生息していないゲンジボタルが見られます。

在来種のヘイケボタルも、もちろん見られます。

なので、ゲンジボタルとヘイケボタルのコラボレーションを見られる北海道で唯一の場所だということになります。

北極星を中心に廻る星たちとホタルの競演
 

沼田町のホタルはだいたい7月上旬から飛び始めます。町内の「ほたるの里」ではその頃から毎週末「ほたる祭り」が開催されています(問い合わせ先「ほろしん温泉ほたる館」0164-35-1188)。

ホタルは、生活環境の悪化、農薬の使用、エサ不足などにより、北海道でも見られる地域が限られてきています。

沼田町は、ホタル研究会を作り、ホタルを守り続けています。

この素晴らしい環境を、後世にも残していきたいですね。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!