〔photo〕gettyimages

仮想通貨「リブラ」で、フェイスブックがメガバンクを壊滅させる日…

金融業界の覇権が変わる

フェイスブックの仮想通貨、その名は「リブラ」

6月中旬、全世界で23.7億人(2019年4月時点)のユーザーを有する米大手SNS・Facebook(フェイスブック)が、独自の仮想通貨(暗号資産)「Libra(リブラ)」をリリースすると発表した。

暗号資産業界では、長らく噂されていた話で「ようやく発表された」との認識だが、SNSの巨人であるフェイスブックが正式に発表したことは、暗号資産業界の強烈な刺激材料となりそうだ。

〔photo〕gettyimages

フェイスブックはリブラについて、2020年からステーブルコインとして提供するとしており、これまで金融インフラの恩恵を享受できなかったマーケットを取り込む構想だ。

 

そもそもステーブルコインとは、米ドルなど法定通貨と連動する暗号資産のこと。その種類はいくつかにわかれており、法定通貨や暗号資産によって価格が担保されているものや、発行量を調整し価格を固定させる無担保型などがある。

最も利用されているのは米ドル担保型。その代表的な暗号資産はテザーである(ただし、テザーは裏付けとなる準備金=米ドルが不足しているなど様々な懸念は生じている)。

発行体は発行するステーブルコインと同じ量の米ドルを準備金として保管し、決められたレートで米ドルに換金可能。さらに、ステーブルコインは法定通貨などの実質資産に価値が裏付けされていることから、ビットコインなど価格が上下する暗号資産より価格の安定性は比較にならないほど高いのが特徴だ。

価格の値動きに期待する投資家から高い評価は得にくいが、価格変動リスクが非常に低いことから決済や送金への利便性は高いといえる。また、リブラは複数の法定通貨や資産でその価値を裏付ける通貨バスケット制を導入するとしているので、対象となる通貨には大きなインパクトが生じる可能性があることからも注目が集まる。