7月 3日 ソフトクリームの日

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1951年のこの日、アメリカの独立記念日を祝う米軍主催のカーニバルが神宮外苑で行われ、日本で初めてソフトクリームが販売されました。

フリーザーと呼ばれる機械から絞り出される柔らかいアイスクリームを、コーンカップに盛ってそのまま提供するというスタイルが話題となり、有名百貨店の食堂や喫茶店で次々と販売されるようになったそうです。

ちなみに、ソフトクリームの起源は4000年も前の中国。当時とても貴重な飲み物だったミルクをつかったことから、大金持ちのシンボルのような食べ物だったそうです。

なお、「ソフトクリームの日」は、日本で初めて販売されたこの日を記念して、ソフトクリーム協議会が1990年に制定したものです。

【写真】ソフトクリームこれからの季節に美味しい

 オススメ関連書籍はこちら 

牛乳とタマゴの科学
完全栄養食品の秘密

牛乳が乳白色なのは? ヨーグルトが酸っぱくなるのは? 新しいタマゴと古いタマゴの見分け方は? などなど、牛乳とタマゴに関する身近な話題が満載の1冊です。 Amazonはこちら