〔photo〕gettyimages
# 通販

ジャパネット絶好調のウラで、二代目社長が決断した「捨てる勇気」

髙田旭人社長が語った

通販で知られるジャパネットホールディングス。通販番組に自ら出演していた名物社長・髙田明氏が'15年に退任したが、長男・髙田旭人社長(40歳)のもと、同社は創業以来初の売り上げ2000億円を達成するなど、業績は絶好調だ。父に似たアイデアマン社長である旭人氏に、経営哲学を聞いた。

業績好調のカギ

リスクをとらない限り、高い競争力は生まれません。当社は、バイヤーが選んだ商品を数万台単位で買い取って販売しています。売れなくても、メーカーさんに返品はしません。当社は在庫リスクを抱えることになりますが、その代わりに商品を安く入荷しすぐに発送することができるのです。商品の目利きにも絶対の自信があります。だから大量にメーカーから買い取っても、お客様に選んでいただける、という好循環があるのです。

アフターサービスもアップデートしました。以前は、故障があったら当社で商品をお預かりし、メーカーさんに修理を依頼して、お客様にお戻ししていました。しかし現在は、修理も7割程度当社で対応しています。この方がお預かりの期間を短縮でき、修理代も下げられ、顧客満足度が大幅に上がるのです。

当社に集まってくるお客様の声も重要です。「この機能はいらない」といったご意見をもとに、メーカーさんに次期商品の製造を依頼することができるのです。お得な商品は、メーカーさんに「安く」「もっと多機能で」など抽象的なことを言うだけでは生まれません。これがジャパネット流の共存共栄です。

 

私の代で取り扱い商品の絞り込みを行いました。以前は約8500点もの商品を扱っていたのですが、これを約600点にまで絞ったのです。

約93%もの商品を扱わないと決めることには勇気が必要でした。しかし600点だと、商品を厳選して大量に仕入れ、社員も一つ一つの商品に詳しくなれます。さらに、アフターサービスも充実し、商品開発力も高まると、いいことばかりでした。売る商品を絞ることこそが、業績好調のカギだったのです。

中学生の頃から福岡で寮生活をしていたので、普段、出身である長崎の方言はほぼ出ません。また、テレビショッピングにも出演せず、経営のことも論理的に話すことが多いので、初対面の方に「息子はお父さんと違うタイプ」と思われがちです。でも家族に言わせると父と私は「そっくり」らしく、私もそう思います。

幼少期の髙田社長。家族は店舗の2階に住んでおり旭人少年は「父の仕事を間近に見ていた」とか

父はああ見えて論理的ですし、私も、父に似て人情深いつもりです。正社員900名の多くの顔と名前が一致しますし、退職する社員がいると、社員からは「社長とは数回くらいしか会ったことがない」くらいに思われていても、私は「ああ、寂しい」と、人知れず落ち込んでいたりします。