日本の教育問題の根本にある「学年学級制」を克服する大胆提言

「未来の学校」とはどんなものだろうか
苫野 一徳 プロフィール

次に、学校統廃合の問題について。

これもまた、わたしは、学校を“ごちゃまぜのラーニングセンター”にしていくための大きなきっかけにすることができると考えています。

せっかくの学校を、統廃合してつぶしてしまうのではなく、学びの複合型施設へとリバイバルするのです。

そのことによって、学校を子どもたちだけが学ぶ場所ではなく、地域の人、親、学生、幼児など、さまざまな人が集い学び合う、“ごちゃまぜのラーニングセンター”にしていくのです。

先生だって、学校を自分の学びの場として、子どもたちにその姿を大いに見せてあげてほしいと思います。子どもたちや保護者の多くは、先生が研修などで常に学び続けていることをあまり知りません。

だったらなおさら、子どもたちの目に触れないところでばかり研修を行うのではなく、むしろ子どもたちがプロジェクトに勤しむその隣で、先生たちもプロジェクトに打ち込んでいるなんていう姿があっても素敵じゃないかとわたしは思います。

大人が学ぶ姿を見ることほど、子どもたちの学びにとって大きな刺激はないでしょう。

学校は地域づくりの要です。なくなると、地域住民をつなぎ合わせていた力が弱まり、町の活気も失われてしまいます。

だったら、学校を、今よりもっと多様な人たちの学びの空間にしてしまってはどうか。わたしはそう考えています。

今、仲間たちとともに、2020年度開校をめざした幼・小・中「混在」校、軽井沢風越学園の設立準備をしています。

それは文字通り、“ごちゃまぜのラーニングセンター”になるだろうと思っています。幼小中が混ざり合い、さらに保護者や地域の人たちもともにつくり合い学び合う、そんな地域とともにある学校に。

本稿は『ほんとうの道徳』(トランスビュー)の一部を、抜粋・再編集したものです。