〔PHOTO〕iStock

日本の教育問題の根本にある「学年学級制」を克服する大胆提言

「未来の学校」とはどんなものだろうか

「学年学級制」という不自然な制度

「学年学級制」とは、考えてみればとても不思議な制度です。同じ年に生まれた人たちだけからなる集団。そんなコミュニティを、わたしたちは学校のほかに見出すことができるでしょうか?

なぜ、学校ではこのような“不自然”な制度が一般化したのでしょうか?

少々乱暴に言ってしまうと、それは公教育制度が始まった約150年前、富国強兵と殖産興業のために、国は大量の子どもたちに大量の知識技能を一気に学ばせる必要があったからです。

〔PHOTO〕iStock

「みんなに同じことを、同じペースで、同じようなやり方で、出来合いの問いと答えを一斉に勉強させる」

このいわば大量生産型・ベルトコンベヤー式の教育は、日本に限らず、ほぼすべての近代国家において、最も効率のいいシステムとして採用されました。

つまり学年学級制は、画一一斉システムにとって最も効率がよくなるよう、150年前に人為的に作り出された制度なのです。

教室の中に多様な子どもたちが入り混じっていたら、ベルトコンベヤー式教育はうまく機能しなくなってしまうからです。

こうして教室は、きわめて同質性の高い空間として今日まで続いてきたのです。

しかしこのことが、今、非常に多くの問題を生み出しています。