Photo by gettyimages

小保方さんとは何者だったのか? 「著書」から振り返るSTAP騒動

登場人物「全員善人」の悲劇

期待を大きく超えた『あの日』

つまらない本とイヤな本は異なる。つまらない本は読まないに限る。でも、イヤな本は面白い。意見や好みが合わなくても、個性全開の熱い主張は嫌いじゃない。というか、わりと好き。人と人の世についての理解が深まる。イヤよイヤよもスキのうち。意図的にイヤな本を読む。私的専門用語でいう「特殊読書」だ。

 

小保方晴子『あの日』。魔がさして(というか、特殊読書家の嗅覚が作動して)数年前のベストセラーを遅ればせながら読んだ。期待に違わぬ、というか期待を大きく超える特殊読書体験を堪能した。

研究者を志した動機から米国への留学、STAP細胞の論文発表と反響、その後の大騒動、論文撤回を経て博士号の剥奪に至るまでが高濃度の肉声で綴られている。

当然のことながら徹頭徹尾小保方氏の視点で書かれている。夢を追って研究に明け暮れていた世間知らずの若い研究者が想像をはるかに超える論文への反響におののき、欲深い大人にいいように利用され、挙げ句の果てに詰め腹を切らされる。スポットライトは終始悲劇の主人公を追いかける。饒舌で淀みなさすぎる文章でひたすら憐憫と同情を誘う。実にエグい。

STAP細胞事件が世間をワンワンいわせていた当時は新聞報道でちらちらと読むだけだった。文脈を知らなくては片手落ちと毎日新聞の科学記者によるルポ、『捏造の科学者』をあわてて読む。ことの詳細と時間的な流れがまとめられている。

この騒動の面白さは、小保方氏という強烈な主役の存在のみならず、「群像劇」になっていることにある。論文発表後の全国民的賞賛とメディアの報道の過熱。問題発覚後の手のひら返し。渦巻く利害の中での関係者の右往左往。僕の大好物の映画『仁義なき戦い』、最近でいえば北野武監督の『アウトレイジ』を彷彿とさせる。

事件を報道するメディア(東映実録任侠映画でいえば警察側)も実にイヤらしくてイイ。「リケジョの星」とさんざん煽っておきながら、一転して捏造を指弾し、原因究明を迫り、社会正義を声高に叫ぶ。その裏で特ダネを抜くことに汲々とする。その姿は業績と名声に向けて突っ走る取材対象と大差ない。