抑揚があって、でも自然。映像美だけではなく、その声の存在感にも圧倒される。ちょっとした息づかいを聞くだけでも、キャラクターの心の揺れを想起させてくれるような、稀有な女優だ。

現在公開中の映画『海獣の子供』で、彼女は、自分の気持ちを言葉にするのが苦手な14歳の女の子、琉花の声を担当している。“14歳の少女”と“ジュゴンに育てられた2人の兄弟”との、ひと夏の出会いを描いた物語。冒頭で琉花は、ある出来事をきっかけにして、学校でも家でも自分の居場所をなくしてしまう。

言葉にして思いをぶつけられない
もどかしさに共感しました

「自分の気持ちを誰かにわかってもらいたいのに、うまく言葉にして想いをぶつけられない“もどかしさ”に共感しました。琉花は、様々な出来事に直面して、『わからない』と思ったり、迷ったり悩んだりします。

このお仕事をやらせていただいたのが、ちょうど琉花と同じ14歳だったということもあると思うのですが、琉花の気持ちを想像すると、似たようなことがわからなくなったり、同じように落ち込んだりもしました。自分とは全く違う境遇で育った女の子だけれど、感情が重なる部分がたくさんあるなぁと思えたんです」

14歳といえば、まさに、自分の“存在意義”について、考え始める時期。彼女も、この映画に関わることで、あらためて“生と死”や、この映画のテーマである「生命(いのち)はどこから来て、どこへ行くのか」ということに関して、思いを巡らしたという。

「琉花が、父の勤めている水族館で出会う2人の少年、“海”と“空”は、ジュゴンに育てられた兄弟です。人間と同じ環境では長く生きられない2人は、自分たちの命が、そんなに長くないということはわかっている。“生”の立場から“死”を見つめる琉花にとって、“死”は恐ろしいものです。

でも“死ぬ”ということを受け入れている14歳の“海と空”から見る“生”も、『何が起こるかわからない』という意味で、怖さもあります。この作品を通して私は、正反対のように見える“生と死”も、実は隣り合わせなのかもしれないと思うようになりました」