撮影/佐藤圭
# 癒し # 植物

あまりのウマさに食べられすぎて「激減」している黄色いあれの正体

まるでバナナのよう

エゾジカたちにはごちそうなようで……

北海道雨竜沼湿原のエゾカンゾウです。

雨竜沼を代表するユリ科の植物で、本州では、ゼンテイカ(禅庭花)、ニッコウキスゲと呼ばれています。

 

6月から8月に黄色い可憐な花を咲かせるので、北海道の青く澄み渡った夏の青空とマッチして、最高の被写体になってくれます。

北海道ならではの高い青空に映える鮮やかな黄色
 

蕾の状態は、まるでバナナのようで美味しそうです。

美味しそうと思うのはボクだけじゃなくて、エゾシカも大好物のようで、その食害や、笹の浸食などにより、エゾカンゾウの植生は激減しています。

数年後も、この美しい姿を見るためには対策が必要だと思います。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!