# 貯金

37歳女性看護師、年収600万円でもなぜか「幸せ」になれないワケ

ナイチンゲール症候群の悲劇
高山 一恵 プロフィール

「同棲中の彼」への出費

この推測を率直にK子さんにお話してみると、K子さんはしばらくだまっていましたが、沈黙の後、意を決したのか「実は同棲中の彼が仕事をしていなくて、私が生活の面倒を見ている状態です…。さきほど書き出した服飾費、美容費は、私の費用ではなく、彼にかかっている費用で、全て私が支払っています」とのこと。

筆者の予感は的中しました。

 

K子さんに彼の写真を見せてもらったところ、かなりのイケメン! イマドキファッションに身を包み、サラサラヘアー。細身で高身長と女性にモテる要素だらけの彼でした。

でも、彼が身につけている洋服、靴、バッグ、メンズ化粧品などは、K子さんがお昼はお弁当持参、買い物は、ネット通販などで安くすませ、なるべく自分のものは買わずに、堅実に暮らしている努力の賜物の結果と知った後では、複雑な思いでした。

〔photo〕iStock

そもそもK子さんと彼がつきあうきっかけとなったのは、友人の紹介だったそうです。K子さんは、一目で超イケメンの優しそうな彼に好感を持ったそうです。そして、彼もK子さんに好感を持ったようで、積極的にアプローチ!

その場で連絡先を交換。すぐに交際へと発展したそうです。「こんな素敵な人とつきあえるなんて、一生分の運を使い果たした」と思ってしまったほど、K子さんは、舞い上がってしまったとのことです。

しばらくは順調な交際が続いたそうですが、ある時、彼が仕事を辞めてしまい、その時からデート代など、彼と過ごすときに発生する費用のほとんどをK子さんが負担するようになってしまったようです。