# 英語

海外ドラマ見るだけで「TOEIC955点」という驚愕の英語学習法

辛い勉強はやらなくていい
岩垣 良子 プロフィール

ドラマ視聴の習慣化には、まずはこの「5作」から!

モチベーション維持に自信がないズボラ派は、続きが気になるクリフハンガー型(核心的な謎を残したまま、次回に…という仕掛け)や、事件解決という帰結がはっきりしている1話完結型のミステリーを選ぶのがいいと思います。次の5作で海外ドラマ視聴の習慣化にトライください。

〔1〕『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿』
(全8シーズン/Amazonプライム、Hulu、DVDほか)
NYに住む人気ミステリー作家キャッスルは、ある事件をきっかけにNY市警殺人課の相談役に。リサーチを口実に美人刑事ケイト・ベケットにつきまとい、事件解決に挑む…という1話完結型のミステリー。コメディタッチなので気軽に観やすい。
〔2〕『LUCIFER/ルシファー』
(シーズン4〜/Amazonプライム、Netflix、DVDほか)
堕天使で地獄の王のルシファーはロサンゼルスで隠遁生活を送っていたが、ひょんなことでロサンゼルス市警の刑事クロエ・デッカーと出会い、退屈しのぎに犯罪者を捕まえるように。こちらもコメディタッチのドラマ。
〔3〕『The Blacklist/ブラックリスト』
(シーズン6〜/Amazonプライム、Netflix、DVDほか)
国際的犯罪者レッドは免責と引き換えに、FBIに凶悪犯罪者の“ブラックリスト”の提供と協力を申し出る。レッドは連絡役に新任捜査官リズ・キーンを指名するが、実は彼女の出生には秘密があり…という謎が謎を呼ぶタイプのドラマ。
 

〔4〕『This is Us/ディス・イズ・アス』
(シーズン3〜/Amazonプライム、Youtubeほか)
全米で記録的ヒットを続けている話題作。過去、現在、未来が交錯するつくりで、家族ドラマながら驚きの展開が毎回ある。第1・2シーズンでは、36歳を迎えたピアソン家の3つ子、ケヴィン、ケイト、ランドルに大きな影響を与えた父・ジャックがいかに死んだか、を明かしていく。
〔5〕『ダウントン・アビー』
(全4シーズン/Amazonプライム、Hulu、DVDほか)
20世紀初頭、イギリス・ヨークシャーに住む貴族の大邸宅を舞台にした時代劇。グランサム伯爵家の相続問題や使用人間の人間関係など、起伏が激しい展開で目が離せない!

話しているのは昔のイギリス英語なので、英語学習的には微妙。ただし、他の海外ドラマでもネタとして登場したり、イギリスでは今秋に映画版も公開されたりする大人気作なので、
見て損はなし。

初中級者がトライしやすいのは「シットコム」

『ママと恋に落ちるまで』
(全9シーズン/海外版のDVDのみ)
□ 日常会話がメインで、専門用語やスラング(俗語)が少ない
□ 主要キャラの英語に訛りが少なく、速度も比較的ゆっくり
□ 英会話のロジックを学ぶのにも役立つ

英語のリスニング力に自信がない初中級者には、日常生活を描いた“シットコム(シチュエーション・コメディ)”が最適。難しい単語が少なく、長くても1話30分ほどなのでとっつきやすい…とよく言いますが、シットコムでは言葉遊びも面白さのひとつだし、日常的な些末なネタって、意外と理解するのに英語力を要する場合も。

近年の作品では、『ママと恋に落ちるまで』がなんといってもお勧め。英語学習本『海外ドラマはたった360の単語でできている(西東社)』の著者、cozyさんもブログで一番のお気に入りとして紹介しています。

主要人物は、建築事務所に勤めるテッド、ロースクールに通うマーシャル、マーシャルの婚約者で幼稚園教師のリリー、職業不明のプレイボーイ・バーニー、テッドが一目惚れするニュースキャスターのロビン。

主人公のテッドが娘と息子に「妻と出会うまで」を語るというのが物語の主軸ですが、結婚を意識した瞬間からのスタートで実際に妻と出会うまでに9年かかるのがミソ。

NYに住む男女の恋愛と人生の変化をコメディタッチで描いている点が同じなので、“第二のフレンズ”とも言われているとか。とはいえ、同ドラマと『フレンズ』の登場人物たち、生年月日に10年ほどの開きがあり、後者が意に沿わないキャリアチェンジや人生の浮き沈みを体験している点に世代格差を感じます。