スウェーデンに留学した経験から「日本の女性の性や健康に対する意識も知識も実態もあまりに低すぎる」ことに驚愕、「#なんでないの」というプロジェクトを始めた福田和子さん。

2019年3月に国際基督教大学を卒業し、9月からは留学を控える身だ。20代前半の当事者が「私たちはこのことを知らない」「世界であるこのようなことは必要ではないか」と語る言葉は説得力があり、現在は講演会にも多く呼ばれている。

そんな中、国際協力NGOジョイセフのI LADYキャンペーンを担うひとりとして、福田さんは世界各国の代表が集う世界会議に日本代表として参加。しかしそこで見聞きしたことは、あまりに衝撃的だったという。

児童婚に女性性器切除。
「教科書の中の話」が現実に

私は生理がはじまった時、部屋から出してもらえなかった。家族も男性とは話してはダメ、家族と一緒に食事もとれない、台所にも入れない。勿論学校にも行けない。だから私の住む地域では女の子だけ、毎月5日ほど学校を休むしかない」
 
私は5歳のとき、何も知らないまま女性性器切除を受けました

学校の友達がどんどん児童婚でいなくなって。ひどい暴力を受けたり、出産に耐えられず死んだ友達もいます
  
政府が腐敗して、ジャーナリストを続けるのが難しいから今は家族と離れて隣国で暮らしているんです

これまで、教科書や文献で読んできた、世界にはびこる様々な問題。今回、私は初めて、その中を生き延びながらも、その現実を、未来を変えようと行動する人たちに出会った。バンクーバーで開催された、「ジェンダー平等」や「性と生殖に関する健康と権利(以下、SRHR/セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス&ライツ:Sexual and Reproductive Health and Rights)」に関する世界最大級の国際カンファレンス、「Women Deliver2019」でのことだ。

Women Deliverとは、2007年に2000人の参加者から始まり、今や165カ国からの8000人を超える参加者に加え、2000人がウェイティングリスト入り、10万人がweb参加というジェンダー分野では世界最大級のカンフェレンスだ。今回私は、そのWomen Deliver2019に、国際NGO JOICFPが展開するI LADYキャンペーンのアクティビストとしてはじめて参加してきた。そこで出会った多くのアクティビストたちの実体験からうまれる言葉や思いの強さには心から感銘を受けた。

Women Deliver 2019 Conference会場にて

スウェーデンに留学後、「日本はジェンダーや性に関して大変遅れている」と感じ、日本のアクティビストとして活動してきた私。確かに女性の権利や性についての議論は日本はかなり遅れている。とはいえ経済的には豊かとされる日本から来た人間が、世界会議で「私たちも大変なんです」なんて声を上げていいのか、はじめ、私は戸惑っていた。

しかし、会議を終え帰国した今、私は声を大にして言える、「日本は本当にヤバい、実態を世界に伝えるべきだ」と。