# Facebook # Instagram

わが子の写真をSNSにアップ、危険だからやめたほうがいい?

リスクは多いが、メリットもある
高橋 暁子 プロフィール

どのように投稿すれば安全か?

SNSに子ども写真を投稿することには、メリットもデメリットもある。ではどうすればいいのだろうか?

筆者は、保護者がSNSに子どもの写真などを投稿するリスクは、主に2つに分けられると考える。

1.将来名前で検索して不利益なことが表示され、それによって子どもが不利益な目にあうリスク

2.不特定多数に見られることで、自宅や学校などが特定されて身体や評判などに危害が加えられるリスク

1つ目のリスクを避けることは、それほど難しくない。まず、子どもの名前は非公開にしておくことだ。最近はオリジナリティの高い名前であることも多いので、そのような名前は特に伏せておきたい。同時に園名・学校名は非公開にしておき、自宅周辺では写真は撮らないなど、特定されないようにしよう。

もちろん、子どもが将来傷ついたりいじめられたりする可能性があること、たとえば裸の写真などは投稿しないこと。芸能人には子どもの写真を「未就学児の間」などに限定して公開している人もいるが、このよう顔ができあがる頃までなど、各自で期間を考えて公開するようにしてほしい。

 

不特定多数に見られたくない場合は、知人限定でつながったFacebookなどで友だち限定公開にするのがおすすめだ。Instagramにハッシュタグつけて公開すると誰からも見られる状態となるので、投稿する場合はくれぐれも気をつけてほしい。

SNSのメリットとして大人数でも写真が共有しやすいことが揚げられるが、集合写真などの共有はLINEグループで行うといいだろう。他人の子どもの写真も勝手に公開しないようにして、公開する場合もスタンプで顔を隠すなどの配慮が必要だろう。

SNSに子どもの写真を投稿することはリスクもあるが、メリットもある。個人情報を管理しつつ、子どもに迷惑をかけないようにうまく使いこなしてほしい。