# Instagram # Facebook

わが子の写真をSNSにアップ、危険だからやめたほうがいい?

リスクは多いが、メリットもある
高橋 暁子 プロフィール

公開することの意外なメリット

「子どもの写真をSNSに公開するとリスクがある」のはよく言われることだ。それでも公開するのは、なぜなのだろうか。

最近、知人に子どもが誕生した。その人は、当初は子どもの写真を期間限定で公開、削除していた。ところが、間もなく公開頻度が高くなり、削除しなくなってしまった。

聞いてみたところ、「思った以上に子育てが大変だったからかな」という。

「写真を掲載して『可愛い』と言われるとやる気になるし、同じ年頃の子どもを持つ人達と情報交換もできて意外とメリットもあった」

Photo by iStock

そう、子どもの写真をSNSに載せるのはデメリットだけではないのだ。

筆者も経験があるが、まだコミュニケーションがとれない0歳児の子育ては本当に大変で、孤独や不安に陥ることも多い。一日中誰とも話さない日が続くと、無性に大人と会話がしたくてたまらなくなる。そこでSNSが生きてくる。

 

子どもを「かわいい」と言われて嬉しくなり、子育てががんばれるのは事実だ。愚痴を吐き出して慰められたり、相談に乗ってもらえたり、共感の声で自分だけじゃないと思える効果もある。しばらく会えていない関係性でも、SNSでつながっていれば「大きくなったね」と子どもの成長を伝え合うこともできる。

ある若いママから、「Instagramで知り合った同じ年の子どものママと情報交換できて、悩んでいるのはうちだけじゃないんだと思って安心できた」と聞いたこともある。

情報を発信すると情報が集まってくるものだが、子育ての時期は非常に情報を求めている時期でもあるのだ。