これまで、お弁当や夕飯のおかず作りがラクになる作り置きレシピを紹介してきた連載「おべんたふるらいふ」。今回は、お弁当の定番ともいえる「おにぎり」にクローズアップ! 夏場におすすめの具材に加えて、コンビニのおにぎりのようにパリパリの海苔で食べられるアイディアもご紹介します。

おべんたふるらいふ」過去の記事はコチラ

海苔がパリッと出てくる
コンビニ風おにぎりを自宅で再現

おにぎりに巻く「海苔」は、パリパリ派ですか? それともしっとり派?

連載第8回は、お弁当の定番中の定番「おにぎり」です。

海苔を巻いて持っていくと、しっとりしたおにぎりがお昼に食べられますが、海苔パリパリ派には、お弁当のおにぎりは悩みどころ。

海苔だけ別にラップで包んで持っていったり、百円ショップの「おにぎりフィルム」を使ったり、皆さんそれぞれ工夫なさっていると思います。

今回ご紹介するのは、アルミホイルを使った「海苔パリパリ“コンビニ風”おにぎり」の作り方です。

アルミホイルでおにぎりを巻くと、アルミホイルとおにぎりの間に適度な空間ができるため、乾燥を防ぎつつも湿気がこもらず、ラップで持っていくよりおいしく保存できます。

アルミホイルとマスキングテープ(セロハンテープやガムテープでも可能)など、家にある材料で簡単に作れるので、パリパリ派の方はぜひお試しくださいませ。

アルミホイルを左右にスルッと抜くと、中からパリパリの海苔が出てきておにぎりを包み、感動ものです。

動画のなかに、アルミホイルをいったんくしゃくしゃにしてから広げて使うプロセスがありますが、その理由は、おにぎりとホイルを「面」ではなく「点」で接するためです。摩擦が減り、おにぎりを取り出しやすくなります。

作り方の動画に合わせて、今回は暑い季節でも食べやすい、スパイスや薬味を利かせたおにぎりレシピもご紹介しますね。

まずは、「海苔パリパリ“コンビニ風”おにぎりの作り方」動画から!

※動画の参照元: https://macaro-ni.jp/51099

いかがでしたか? おにぎりの具材に合わせて、マスキングテープの色や柄を変えてみるのもいいかもしれませんね。ぜひお試しください。

次ページでは、暑い日でも傷みにくく、食欲のない日でも思わず手が出るおすすめの具材をご紹介します。