7月 4日 女性天文学者のH・リービットが生まれる(1868年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

この日、恒星の変光周期と絶対等級の間に法則性があることを発見した天文学者、ヘンリエッタ・スワン・リービット(Henrietta Swan Leavitt 、1868-1921)が、アメリカのマサチューセッツに生まれました。

リービットは、ハーバード大学天文台でデータ整理の仕事をしていましたが、変光星(明るさを変える星)のカタログを作成するなかで、「明るい変光星ほど長い変光周期をもつ」ということに気づきました。この発見は1912年に論文として発表されましたが、当時はほとんど注目されなかったそうです。

しかし、この関係性を用いて、地球から天体までの距離を測定する手法が考案されると、一躍大きな注目を集めることになりました。1920年代には、この関係によって、宇宙はたくさんの銀河からできていることが確かめられ、さらには、宇宙全体が膨張していることが確かめられることになったのです。

残念ながら、リービットはすでに1921年に亡くなっており、自らが発見した法則が科学を大きく発展させる時代に立ち会うことはできませんでした。

  ヘンリエッタ・スワン・リービット photo by gettyimages