Photo by gettyimages

ローソンにとって、牛乳が「特別な飲み物」なワケ

なぜあの看板は生まれたのか?

もともとは「街の牛乳屋さん」

ローソンの代表的な商品といえば、'09年に発売された『プレミアムロールケーキ』。累計で約3億6000万個を売り上げ、コンビニスイーツブームの立て役者となった。

この商品の特筆すべきポイントは「クリーム」だ。昨年には、クリームを大幅にリニューアルしたり、クリームだけを販売したりするほど力を入れていることがわかる。

同社の公式HPによると、「ミルク感を感じられる仕立て」にしたとあるが、これほどまでクリームにこだわっているのはワケがある。実は、ローソンはもともと「街の牛乳屋」だったのだ。

 

時計の針を80年前に戻そう。1939年、アメリカのオハイオ州で酪農家J・J・ローソン氏が「ミルクショップローソン」を創業した。これが、ローソンの原点だ。

彼が作った牛乳は、新鮮で美味しいと地域で評判を呼び、毎朝たくさんの人が買いに来るようになったという。

経営が軌道に乗ったローソン氏は、ミルク以外に日用品などを取り扱い始めると店はいっそう大繁盛。「ローソンミルク社」という会社を起ち上げ、アメリカ北東部を中心にチェーン展開するほどとなる。'59年、これに目をつけた食品業界大手のコンソリデーテッド・フーズ社がローソンを買収して、コンビニの運営システムを確立させた。

そして、'74年にはダイエーがコンソリデーテッド・フーズ社と提携を結び、日本にローソンが進出することになった。

いまや日本全国に1万4000を超える店舗数を誇るローソンだが、まだ牛乳屋だった頃の名残は店の看板に残っている。ロゴをよく見ればわかるのだが、中央に描かれているのは文字ではなくミルク缶である。

それだけ、ローソンにとって牛乳とは特別な存在なのだ。ローソン初のプライベートブランド商品は牛乳だし、大手コンビニチェーンで初めてホットミルクを販売したのも同社だ。一貫して牛乳を重視し続けている。

創業の歴史に思いを馳せれば、いっそうクリームが美味しく感じられるかもしれない。(水)

『週刊現代』2019年6月22・29日号より