Photo by iStock

吉本芸人と裏社会「ズブズブ親密関係」の報じられない裏側

「週刊現代」が掴んだその実態

芸人と暴力団、半グレといった裏社会との関係は、「光」と「影」などではない。カネ、オンナなど互いの利害で絡み合い、混然一体となっている。本誌が掴んだ両者の蜜月の全貌をご紹介しよう。

背後に「本職」がいた

「芸人が個人的な交友関係から、暴力団や半グレと付き合い、結婚式やパーティの余興に呼ばれ、『闇営業』をするというケースは後を絶ちません。

特に半グレはクラブなどで飲み歩くことが多く、そういった遊びを通じて芸人と接点を持つことも多いのです」(暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏)

6月7日発売の『FRIDAY』が報じた、吉本芸人らの「闇営業(事務所を経由せずに反社会的勢力の会合等に参加し、ギャラを得る行為のこと)」問題が収束する気配を見せない。

'14年12月に都内のホテルで開かれた振り込め詐欺グループの忘年会に、『雨上がり決死隊』の宮迫博之(49歳)、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮(47歳)などが出席していたことが発覚。

一人当たり100万円のギャラを受け取ったとされている(宮迫ら芸人たちはギャラの受け取りを否定)。

吉本興業はFRIDAYが発売される直前の6月4日付で、仲介役となった『カラテカ』の入江慎也(42歳)との契約解除を発表した。

「入江さんは先輩、後輩どちらからも評判が良かったんです。食えていない芸人には自分から声を掛けて『直営業(事務所を経由せずに個人や企業の会合等に参加し、ギャラを得る行為のこと)』を紹介していた。

営業先にも必ずお礼の連絡を入れるなど、きめ細かい対応をするので、また次の仕事が入ってくる。

ただ、知り合いの芸人から『入江さんから紹介された直営業先の客が刺青を入れた、明らかにその筋の男たちばかりで、冷や汗をかいた』という話を聞きました」(吉本若手芸人)

 

吉本興業が迅速な対応を見せたのにはワケがある。この振り込め詐欺グループが、単なるチンピラ集団ではなかったからだ。全国紙記者が話す。

「主犯格は'15年6月に逮捕された大野春水(当時27歳)。元々は2000年代後半に摘発された通称『キング』という男がトップの振り込め詐欺グループで番頭格を務めていました。

大野らのグループは実在する証券会社の名前を騙り、太陽光発電会社の社債購入名目などでカネを騙し取っていた。

グループは新宿に2ヵ所、目黒や上野など計4ヵ所に事務所を構える大規模組織。家宅捜索では、固定と携帯合わせて200台以上の電話が押収されたほどです。

大野のグループのバックには、新宿区内に事務所を持つ広域暴力団の三次団体がいたとされています。

背後に『本職』がいることがわかり、6月下旬に株主総会を控えている吉本興業は、その前に入江のクビを切ることで幕引きを図ろうとしたのでしょう」