Photo by iStock

本物の大金持ちがタワマンに住まない「これだけの理由」

総工費10億円の豪邸、こだわりと愛情

再開発と分譲が進み、セレブタウンの代名詞である港区にも一軒家は少なくなってきた。それでもなお豪邸に暮らす本物の大金持ちは、マイホームへのこだわりと、街への愛情を人一倍持っている。

青山の地下に20mプールが

国道246号線沿いの南東に広がる港区・南青山には、「PRADA」など高級ブランドの路面店や一流レストランが立ち並ぶ。根津美術館や岡本太郎記念館もあり、まさに「ハイソ」を体現するようなエリアだが、その裏手に一際目を引く大豪邸が建っている。

敷地は約130坪、重厚な石造りの壁に囲まれた2階建ての邸宅は、通行人が中を覗くことはできず、高級マンションと見間違えるほどの大きさだ。迎賓館にあるような鉄門の横に小さく掲げられた表札を見て、ようやく個人宅だとわかる。

鉄門の奥には、家屋へ向かう10mほどのアプローチが続いている。両脇にはギリシャ彫刻のような石像や動物のオブジェが並べられていて、都心のど真ん中に神殿のような空間が広がっていることに驚く。

 

持ち主は浜野義郎さん(仮名・65歳)。たたき上げでパチンコ関連事業を軌道に乗せ、一代で豪邸を建てるほどの財を成した人物だ。

「けっこう大きな家でしょう?特にこだわっているのは中庭で、小さいながらも噴水と滝を置いてみたんです。晴れた日は妻とそこでお茶を飲むのがいちばんのリラックスタイム。庭を取り囲むようにして、紅葉や竹も植えています。

中を見られたら泥棒に入られて、荒らされること間違いなしだから、外観は一瞬マンションに見えるような、無機質なデザインにしてるんですよ」

2階のバルコニーにも庭園があり、あじさいやコスモスなど、四季折々の花が植えられている。都心のど真ん中で、シジュウカラやツグミなど風情ある鳴き声を出す小鳥が庭に集まる邸宅は浜野家だけだろう。

「実は地下室もあるんです。カラオケルームとガレージ、どちらもあまり使っていないですけどね。めずらしいと言えば、同じく地下に20mほどのプールがあるんですよ。

学生時代から泳ぐのが好きで、運動不足解消のために作っちゃいました。本当はもっと大きなプールにしようと思っていたんだけど、施工業者が発注を間違えて作ったことがわかって。プールのためだけに建て替えるわけにもいかないから、仕方なく使っています」(浜野さん)