Image photo by iStock
# 発達障害 # 離婚

「義母からの月20万円の仕送り」がきっかけで、家族が崩壊した話

あれは「あぶく銭」だった

医師が薦める信頼できる名医を紹介する医療情報のフリーペーパー『ゲンキのモト』編集長の伊藤みかこさん。バリバリ働くシングルマザーでしたが、今から7年前に再婚。現在は幸せな家庭を築いていますが…元夫との10年間に渡る結婚生活は今の幸せとは裏腹に「まるで地獄」だったと言います。

地獄のはじまり

私は20歳のときに、高校時代から付き合っていた同級生と結婚した。

当時、野球強豪校として県内で名を知られる高校の野球部のキャプテンを務めていた彼は、校内ではかなりモテる存在として有名だった。

そんな有名人の彼女でいること、そして、そんな彼が一途に私を思ってくれる誠実さや、卒業して、野球をやめても変わらない真面目さにどんどん惹かれ、私はいまから思えばずいぶん若いときに結婚を決めたのだった。

Image photo by iStock

結婚して数年間は、夫婦というよりは、彼氏彼女に近い感覚だった。「結婚したら、もう仕事はするな」と言われ、それまでライターをしていた私は専業主婦になった。

彼も会社の営業所でセールスの新人賞をとるなど仕事での評価は高く、一般的な20代そこそこがもらえる額よりもずっと高い給料をもらっていたので、比較的余裕な暮らしができていた。それに満足する自分もいた。

 

そんな彼の一途で誠実、真面目さが、長男が生まれたのをきっかけに、ガラリと急変した。

出産を経て退院し、帰宅したその日に彼が「泣き声がうるさいから、一緒に寝るなんてありえない。今日から俺だけ別で寝るから」と言って、当時住んでいた1LDKの玄関に布団を敷いて眠る生活をはじめ、その後、引っ越しをしても、同じ部屋の同じベットで眠ることは二度となかった。