鈴愛、玲真など…令和の子供たち「名づけ」最新トレンドはこれだ!

さりげなく令を入れる
牧野 恭仁雄 プロフィール

「令和」を名前にすると?

令和は、まだきわだった影響はみられない。ただ、「令」の字はこれまでほとんど名前には使われなかったのが、ごくわずかながら、使いたいという人が出始めてはいる。ではどんな名前が作れるだろうか?

令の字はレイ、リョウと読む。リョウも律令(りつりょう)という言葉があるので知っている人は多い。そこでいま女の子で人気の「れいか」「れいな」というよび名なら、令花令香令歌令果令菜令奈令那などとすればよい。男の子は「ま」「た」「すけ」「ご」で終わる名が多いから、令真(りょうま)、令太(りょうた)、令輔(れいすけ・りょうすけ)、令吾(れいご・りょうご)などの名前が作れる。

 

ただし今の時点で、令のつく名前が少しあらわれたといっても、それは令和元年を記念してのことかもしれず、来年も増えていくかどうかはわからない。しかも、令は命令の令だから高圧的な字だという誤解が広まっている。

令の字の由来

令の字は、もとは、屋根の下で人が坐ってお告げを聞く姿で、「純粋」という意味をあらわす。そこから(美しい心)、(美しい人)、(美しい宝石)、(きれいな音のすず)、(しずく)、(大切な場所)、(小川)、などの字も作られた。この中で怜、伶、玲、鈴は、いまの名づけでも多く使われているし、今後も人気は続くと思われる。

また、「」の字も「令」が変化したもので、人の命はお告げのようにさずかったものと思われていた。私たちも昔から「子をさずかった」と言ってきた。令はそのような神聖な字なのであり、令や、令を含む字は人の名前にも向いている。

ちなみに和の字のほうは、昭和の時代から今にいたるまで多い。和夫、和子という名前ではなく、和樹(かずき)、和花(わか)、和奏(わかな)といった現代風の名前が主だが、令和の時代もずっと使われそうだ。