photo by Getty Images
# 働き方改革

最も忙しい役所はどこか?霞が関の働き方をガラリと見直すある試み

自民党が初の調査と提言

明治以来初めての調査

霞が関で最も忙しい役所はどこか。自民党の行政改革推進本部(本部長・塩崎恭久衆院議員)が、政策立案に関わる部署の「業務量調査」を行ったところ、それぞれの項目で厚生労働省が軒並みトップになった。

「国会答弁回数」「所管委員会への出席時間」「質問主意書への答弁書数」「審議会開催回数」「訴訟での被告件数」を調べ、定員1000人あたりで集計した。いずれも、政策立案の過程で行われている国会対応の業務量だ。

例えば答弁回数では厚労省が2212件でこれに、文部科学省が1998件、財務省が1081件と続いた。また、所管の委員会への出席時間も厚労省が419時間と、財務省の333時間を大きく上回ってトップ、ほかの3項目でもすべてトップになった。

 

さらに、国会対応業務以外でも5項目で調査。官報に記載された「政令の総ページ数」「省令の総ページ数」「告示の総ページ数」のほか、「行政事業レビューの件数」「財務省主計局への訪問回数」などを調べた。

定員1000人当たりでは、政令は財務省が多かったものの、省令と告示では厚労省が抜きん出てトップとなったほか、レビュー事業数もトップだった。主計局訪問回数はトップだった文部科学省の286回に次いで、201回で2位になった。

今回の調査では、各省庁の業務量について様々な項目を調べた。霞が関全体の業務量を根本から調べたのは戦後初めて。おそらく明治に官僚制がスタートして初めての事だろう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら