〔PHOTO〕iStock

15万円をケチったせいで持ち家から「強制退去」60代男性の悲劇

他人事ではありません

ふと魔が差して…

私たちは毎日、幾度となく、ちょっとした選択を迫られる場面に遭遇します。そんな時にみなさんはどのような基準で選択をされるでしょうか?

今回はそんな場面で、ちょっとした出来心から「ずるい選択」をしたために、大切な持ち家を失ってしまったある男性の話を紹介したいと思います。

 

山田隆さん(仮名、登場人物は全て仮名)は現在70才(以下で紹介する事件の際には60代)ですが、背筋がしゃんと伸びて肌ツヤも良く、髪も黒くフサフサしており、お洒落なシニアという言葉が相応しい方です。

彼は外国人観光客が急増している関西地方のある下町に若いときから住んでいます。
結婚の経験はなく、子供もいません。すでに勤めていた工場を退職。悠々自適の日々を送っていました。

「この歳になって、まさかこんなことになろうかなんて思ってもいませんでした…」

穏やかな日々を過ごしていた山田さんを予期せぬ不幸が襲ったのは、自宅に設定されていた借地権を巡るトラブルがきっかけでした。

ご存じない方に説明すると、借地権とは、建物を建てる目的で地主から土地を借りる権利のことで、土地を借りている「借地権者」(この場合は山田さん)は貸主に地代を支払います。山田さん一家(山田さんとその両親)も25坪の土地を借り、そこに自宅を建てて、長年住んできました。

〔PHOTO〕iStock

この借地権に伴う地代は、一般的には格安の場合がほとんどで、山田さんの場合も、年間の地代はわずか15万円。

「毎年末、近所に住む地主にあいさつに行く際に15万円を払っていたのですが、ほとんどあいさつの手土産といった感じだったと記憶しています」

ところがある時期以降、山田さんはこの15万円の地代すら支払わなくなってしまったのです。

もともと人付き合いが得意ではなかった山田さん、地主とは年末のあいさつを除けば、ほとんど関わりがありませんでしたし、その年末のあいさつすら、実は億劫でした。それに加えて大きかったのは、山田さんのお父さんの死後、地主が地代の支払いを求めてこなくなったことです。

「年が明けても請求が来ないのはやや気になったものの、私自身お金が余っているわけではなかったため、そのままやり過ごすことにしたのです」