山口百恵さんが、40年ぶりの「写真集」に込めた家族への愛情

本の表紙を初公開
高堀 冬彦 プロフィール

映画デートも

半面、このところ百恵さん素顔の一面が世に出る機会が増えた。友和さんはイベントなどで百恵さんを語ることが増えたようだし、長男の祐太朗さんもバラエティー番組で母親のことをフランクに口にするからだ。

たとえば友和さんは2018年1月、愛知県豊橋市で開かれた「とよはしまちなかスロータウン映画祭」のトークイベントで、百恵さんと一緒に年間70~80作も映画観賞していることを明かした。都心のシネコンなどに足を運んでいるようだ。2人が隣に座っていることを知ったら、昭和世代は映画を観るどころではなくなるに違いない。

 

息子たちの成長

祐太朗さんは18年7月2日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』(日本テレビ)に登場した際、「超ビッグな両親のもとに生まれ、損をしたことは?」と問われ、「損をしたと思ったことは一度もない」と即座に答えた。

「グレそうになったことはないのか?」と畳みかけられると、こう応じている。

「二世と呼ばれる人たちでそう(不良に)なってしまうのって、本当にダサいなと昔から思っていて。世間で言われる悪いことは基本的に避けて生きてきた」

おそらく百恵さんも番組を見ていただろう。嬉しかったに違いない。また、見る側の心が温められたのはこんな小さなエビソードだった。

「母の作るおにぎりはめちゃくちゃでかいんです。コンビニおにぎりの2.5倍くらいある」

愛情が込められている分、大きいのか・・・・・・。