高校生のとき、講談社児童文学賞佳作に入選した『佐藤さん』でデビューした小説家の片川優子さん。学生生活と作家生活を両立させながら、瑞々しい小説を書き続けてきた。近作の『ぼくとニケ』という小説は、突然登校拒否になった幼馴染の女の子が主人公の家に捨て猫を連れてくるところから始まる感動の物語だが、猫を飼うということがどういうことかがとてもリアルに具体的に描かれている。

それもそのはず、実は片川さんは現在、小説を書きながら獣医師としても活躍しているのだ。

その片川さんの、今までの獣医師経験も踏まえた新連載「ペットと生きるために大切なこと」がスタートする。ペットとお互いに幸せに生きていくためにどうしたらよいかを考えるコラムだ。

第1回は意外と危険がすぐ近くにある「ペットの肥満」について。

肥満は病気?

本格的な夏到来を前に、ダイエットに励んでいる人も多いかもしれない。薄着になると、二の腕やウエストラインがどうしたって気になるものだ。

では、愛犬や愛猫の体型はどうだろうか。ぽっちゃりしている犬や猫は、たしかにかわいい。だがそのぽっちゃりが、その子たちの生活の質を下げ、寿命を縮めているとしたら、かわいいと言っていられるだろうか――肥満の犬の寿命は、標準体重の犬の寿命より8ヵ月短いという研究結果がある(引用1)。たった8ヵ月と思うかもしれないが、犬は人間の約4倍の速度で年をとると言われているので、人間だと約2年半相当、寿命が縮んでいる計算になる。

にも関わらず、アメリカでは4頭に1頭の飼い猫・飼い犬が「肥満」または「太り気味」と言われており、日本の犬でもほぼ同様の調査結果が報じられている(引用2)
肥満は、犬や猫においても、関節炎や糖尿病をはじめとした、さまざまな病気を引き起こす。このコラムでは、見逃しがちなペットの肥満の判定方法や解決策について紹介していく。

大切なペットだからこそ、一緒にできるだけ長く楽しく生きていきたい Photo by iStock

うちの子って、太ってる?

意外と、自分のペットが太っている自覚がないオーナーは多い。

犬では、トイプードルやミニチュアシュナウザーのように毛が伸び続け、定期的にトリミングをする必要がある犬種は、トリマーからの指摘で肥満に気付きやすい。

一方、チワワやポメラニアンのように、毛がふわふわしていてトリミングに行かなくても飼育が可能な犬種は、肥満に気付きにくい。特にチワワは、完全室内飼育で散歩も行かないオーナーも多く、さらには犬種的にも太りやすいのだが、ロングコートの場合は毛皮で体格が分かりにくく、気がつくと肥満が進行していることが多い。

猫の場合、日本猫は短毛なので、体型の変化がわかりやすいが、長毛種は体型の変化に気づきにくい。また抱っこが嫌いな子の場合、体を触る頻度が低くなり、気が付いた時には肥満になっていることもある。

太っていることで足が痛くなり、運動ができなくて…という悪循環を起こしてしまうことも Photo by iStock