Photo by iStock

西鉄の黄金期を支えた一匹狼「ショート・豊田泰光」を語ろう

玉造陽二×村山泰延×デーブ大久保

「仲間がホームランを打ったら、悔しいと思う。それがプロだ」――。サムライと呼ばれ、人にも自分にも厳しかった男・豊田泰光は、最期までプロ野球の未来を案じ続けた。

とにかく口が悪い

村山 1956年から3年連続で日本一になるなど、西鉄ライオンズの黄金期を支えた選手は「野武士軍団」と呼ばれていました。青バットの大下弘さん、太っさんの愛称で親しまれた怪童・中西太さん、「神様、仏様、稲尾様」の稲尾和久さんなど、強烈な個性を持った選手がたくさんいた。

玉造 みんな「職人」というか、荒々しくて、強敵にも恐れず向かっていく。その中にあっても、豊田さんは特に一匹狼的な存在だったよな。

豊田泰光元・西鉄ライオンズ選手。ショートは守備力が重視された時代に打撃でレギュラーに(『週刊現代』より)

村山 今のプロ野球はチームメイト同士、仲が良くて、監督やコーチの言うことをなんでも素直に聞く選手が増えているけど、豊田さんが生きていたら「そんなことで強いチームができるはずがない」と嘆いていると思いますよ。

 

大久保 僕は水戸商の後輩で、高校時代からずっと気にかけてもらいましたが、プロに入る前に豊田さんからこう言われました。「プロ野球選手は群れちゃだめだ。みんなで仲良くなんて考えるんじゃねぇぞ。自分の思ったようにやれ」って。

玉造 僕も同郷(茨城)のよしみでかわいがってもらったけど、人付き合いは決して良くなかった。でも、だからこそ豊田さんは野球で妥協せずにいられたんだと思う。周りに何か言われても、「俺はこう思うから、こうやるんだ」と、信念を曲げることがなかった。

村山 よく覚えているのは'58年の近鉄戦。相手ピッチャーを打ちあぐねている試合で、守備を終えてベンチに帰ってきた豊田さんが「おまえたちは、あんなヘタレピッチャーを打てんのか。俺が打っちゃる」と声を上げて、見事に左中間にホームランを打ってみせた。すごいなと思わせる一方で、そんなふうに口が悪いところがあったから、豊田さんと合わない人も確かにいましたよね。

玉造 本心は別として、人を褒めることはまずしない。僕なんかはしょっちゅう怒られていたよ。

村山 僕は、ふがいない投球をしていたら、ボール回しの後、わざと「ゴロ」で返球されたことがあります。あれも豊田さんなりの叱咤激励だったそうです。