フリーライターの雨宮紫苑さんは、22歳で移住し、現在ドイツ在住の27歳。海外に暮らすことの様々な壁にぶち当たりながらはや5年、先日ドイツ人の彼と結婚式を挙げた。

ちなみに雨宮さん、日本での学生時代に結婚式場でのアルバイト経験もあり、ウェディング事情には詳しい。しかもヨーロッパでの結婚式だなんて! さぞや素敵で優雅な結婚式だろうと思って聞いてみると、そこには想像とは真逆の「全部自分結婚式」が待っていた。雨宮さんがリアルな体験を執筆する。

雨宮さんの今までの記事はこちら

4月の雪の中で結婚式

ドイツの天気が気まぐれであるということは、重々承知している。だがしかし、4月半ば、結婚式の日にかぎって雪が降らなくてもいいだろう……!

とはいえ天候はどうこうしようもない。わたしは凍えるような寒さのなか、結婚式を挙げた。

日本でのドレスを着た結婚式といえば、式場のチャペルで指輪交換、その後は披露宴と二次会。新婦はお色直しをして両親に対する手紙を読み、上司がスピーチをし、友人による余興で盛り上がる。そんなイメージだ。

一方のドイツはといえば、まず式場がない日本的なご祝儀や引き出物がない上司を呼ばない両親に手紙を読まない新郎新婦の両親がゲストに対し特別な挨拶をしない

結婚式と言えばこういうイメージだけど、キャンドルサービスなんてない。なぜなら……Photo by iStock

「じゃあいったい何をするの?」と言われれば、「好きなこと」。これに尽きる。

どういうことなのか、自分の結婚式を例にお伝えしていきたい。

婚姻届けを出すにも準備が必要

ビザ更新の都合上、4月中に結婚することを決めたわたしとパートナー。せっかくなら式を挙げよう、ドイツ在住で日本での挙式は大変だからドイツでやろう、とは決めたものの……。

なにをどうすればいいかわからない! 彼に聞いても、「俺もはじめての結婚だからわかんない」といういつもどおりのてきと……楽観的な答え。

ドイツには婚姻届や出生届を管理しているStandesamt(日本語では「戸籍役場」と訳される)という役所があり、そこに婚姻届を出せば、晴れて夫婦となるらしい。

しかし、日本のように「いつでも提出できて提出したら即夫婦」というわけではない。まずは役所に連絡して予約を取り、書類を準備。その書類をもって二人で予約日に役所に行き、担当者に書類を渡して婚姻日を決める。

書類に不備がなく、結婚の許可が下りれば(基本下りる)、予約した日にふたたび二人そろって役所に行き、担当者の前で婚姻届にサインをする。それが「婚姻」だ。