# 米国 # ゲーム

アルファベットとマイクロソフトがクラウドゲームで対決、勝者は?

新たな市場で微笑むのは…
TradeStation

市場を導く勝者は誰か?

クラウドサービスで急成長している企業としてアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)という企業が既に存在感を示し始めている。アルファベット(GOOGL)が同社のチップを「Stadia」の電力供給に利用すると発表してからは、同社の株価は約50%上昇している。そして、マイクロソフト(MSFT)も同様の発表をした。

マイクロソフト(MSFT)と主要ビデオゲーム会社の年間チャート

伝統的なビデオゲーム会社は、少なくともまだその恩恵を受けていない状況だ。新タイトルや競争力の欠如により、エレクトロニック・アーツ(EA)、アクティビジョン・ブリザード(ATVI)、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウェア(TTWO)は2018年後半に株価が下落している。多くのアナリストは、これらの従来型のビデオゲーム企業は今後、新しいクラウドサービス上で、新しいゲームライセンスを取得することで恩恵を受けると予想している。

 

また、マイクロソフト(MSFT)は、「Xbox」の新型をクリスマスまでに発売するとサプライズ発表した。「Xbox」の新型発売は「xCloud」の発売後と見られている。「Stadia」のリリース前としてはストリーミング・サービスとして初のお披露目となる。そうなれば、「Xbox」の新型機はサンタクロースとしては、子どもたちに最も歓迎されるクラウド対応型のゲーム機となるだろう。 結果的に、データセンター革命が定着することで、ビデオゲームには大きな変革となる。今後、5Gが登場することで、このトレンドはさらに加速するものと思われる。

(原文)
Tech Giants Plan Videogame Showdown in the Cloud This Fall

※スピーディーな情報提供のため機械翻訳を用いており、日本語が正確でない場合がありますので、あらかじめご了承ください。 また、原文掲載日と本サイト上の掲載日が異なる場合があります。

当記事はマネークリップ(運営:マネックス証券)が提供している記事です。