がん患者に寄せられる「好意」という厄介モノ

もうひとつ、がん患者にとって厄介なことが、“好意”から寄せられる情報提供だ。矢方さんも例外ではなく、日課にしていたNHKの乳がんダイアリーで「今度こういう治療をします」、と発信すると予期せぬ反応が返ってきたという。

「“抗がん剤はやめなさい”“こういう治療法(民間療法)があるので、こっちにしなさい”という内容のものがすごく多くて。私のことを心配してくださってのことなので、お気持はありがたいのですが。色々調べて『標準治療』を選んだのに、私の考えは間違っているのかと悩んだこともありました。でも、担当医と話し合い納得し、最終的に自分はこれでいくと決めたときの気持ちを思い出すようにしていました」

撮影/村田克己

この手の話はがん患者のあるあるだ。ネットを始め世間には保険の効かない、一見楽でいかにも効きそうな民間療法やサプリメントの情報や口コミで溢れている。周囲は心配して何とかしてあげたいと思い、それらを信用して親切から情報をくれるのだ。しかし、その量が多ければ多いほど、がん患者には負担になる。

それに、がん治療には矢方さんが選んだ“標準治療”という確立された治療法が存在する。「標準」と聞くと「可もなく不可もなく」と思われがちだが、そうではない。過去に膨大な数の患者が臨床試験に参加して得られたエビデンスデータから、今現在もっとも効果があると立証されたものが標準治療だ。より優秀な治療が現れれば標準治療は更新される。もちろん標準治療も完璧ではないし、それだけが治療法ではない。ただ、標準治療に含まれない保険の効かない治療法よりも標準治療の成績は優秀、という基本情報はみんなに知っていてほしい。

がん体験者であり取材者の立場から、患者さんの集いや個々の相談に乗ることもあるが、標準治療の意味を理解されてない方が多いことを日々感じている。がんが身近になって初めて聞く言葉かもしれないが、なにしろ命がかかっている。各種ガイドラインや国立がん研究センターの「がん情報サービス」などを手がかりに、“がんになったらまず標準治療”を正しく理解してから、自分の治療を選択してほしいし、周りも、自分の助言や情報が実は相手の負担になっていないか、ひと呼吸置いて考えていただけるとありがたい。

自分にとっての優先順位を考えることの大切さ

乳がんが分かってからの矢方さんは、さまざまな選択を繰り返してきた。そのひとつは乳房の再建をしないことだ。

「胸を全摘することに最初は大きなショックを受けましたが、私の将来の夢は声優になることなので、喉が元気なら胸のことは自分の気持ち次第でどうにかなるのかなと思いました」。

「再建しないなんておかしい」といった発言も矢方さんには聞こえてきた。しかし、いい悪いではなく人によって優先順位が違う。再建をしないと決めた人にとって、乳房のあるなしはさほど人生のなかで重要ではないのだ。私自身は、胸のふくらみを一刻も早く取り戻したくて再建をしたが、私よりも若い30~40代でも乳房全摘後に再建しないことを選ぶ女性は意外と多い。若いから再建したいわけでもない。どちらでも選択できることは自由に選べばよく、周りはそれを尊重するだけの話だ。