香港「空前の200万人デモ」自由を訴える人々の肖像【写真特集】

戦いはまだ終わっていない…
現代ビジネス編集部 プロフィール

怒りと悲しみ

6月14日、15日にも、金鐘の陸橋では当局と市民のにらみ合いが続いた。

Photo by gettyimages

現場近くの公園では、座り込みをする若者も多数集まっていた。

15日15時過ぎ、香港政府行政長官の林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が会見を開き、逃亡犯条例の審議一時延期を表明。12日のデモで衝突が起こり、負傷者が出たことについて、「抗議活動は平和的ではなかった」と述べ、市民の側を非難した。

Photo by gettyimages
 

しかしこの会見の直後、抗議活動の中心である民間人権陣線(CHRF)メンバーが即座に会見。林鄭氏の発言に対する怒りを表明しつつ、改正案の完全撤回と、16日のデモ決行を宣言した。

この日の夜には、抗議に参加していた男性が立法会近くのビルから転落死するという事件も起きた。今回の抗議活動で最初の死者に、参加者たちは悲しみと怒りを表明した。