〔PHOTO〕iStock

激変するグローバル時代に求められる本当の「働き方」とは

「終身雇用守れない」発言から考える

「終身雇用なんてもう守れない」

少し前の話になるが、経団連の中西宏明会長が「経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言して大きな話題となった。

またその直後、中西氏の発言に呼応するかのように、日本自動車工業会会長であるトヨタの豊田章夫社長が「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べ、これも話題となった。

 

一方で、クラウドソーシング大手のランサーズが、経団連が定める新卒採用の選考解禁日である6月1日に合わせ、「#採用やめよう」というハッシュタグ付きキャッチフレーズを掲げた意見広告を日経新聞に一面広告で出した。ちなみに、経団連の就活ルールは来年から廃止される。

意見広告の冒頭には、「今日、日本中で、人材不足が嘆かれています。少子高齢化という流れのなか、この難題を解決できるのは『採用をやめる』という逆転の発想だと私たちは考えます」とある。

全体の要旨は、「ネットの普及で時間や場所にとらわれずに個人が自由に働くことが可能になったのに、昔ながらの労働観が根強く残っている。

能力を眠らせたまま活躍できていない人材はたくさんいるので、今こそフリーランスの力を活用しよう」というもの。

企業側には「フリーランス・プラットフォーム」としての自社サービスの利用を促し、フリーランス側には「働き方について自由に声をあげよう」と呼び掛けた。

この広告は上下さかさまで掲載されたが、「逆転の発想という決意」を伝えたかったそうだ。

別に示し合わせたわけではないだろうが、経団連や自動車業界とランサーズを対比すると、旧来の雇用慣行に悲鳴を漏らしはじめたエスタブリッシュメント側、オールドエコノミー側に対して、若い新興勢力であるニューエコノミー側が、そもそも正社員採用にこだわる発想や雇用慣行そのものが古い、と応じたようにもみえる。