2019.06.19
# 戦争

たった2日で3000人以上が戦死したマリアナ沖海戦の悲劇

からくも生き残った搭乗員の怒りの証言
神立 尚紀 プロフィール

小学生1人を高校生3人で叩くようなもの

マリアナ諸島沖で日米機動部隊が激突したのは、6月19日のことである。すでに6月15日、米軍の大部隊がサイパン島に上陸している。日本の機動部隊は、グアム島西方300浬(約556キロ)の位置にあって、6月19日未明から44機の索敵機を出し、その「敵機動部隊発見」の報告をもとに次々と攻撃隊を発艦させた。

 

参加兵力は、日本側の空母9隻、艦上機439機に対して、米機動部隊は空母15隻、艦上機902機と、約2倍の開きがある。

進藤さんの第三航空戦隊からは、零戦14機、爆戦(零戦に爆弾を搭載したもの)43機、天山艦攻(雷撃=魚雷攻撃)7機の計64機が発進した。攻撃隊は目標の敵機動部隊に辿りつく前に、待ち構えていたグラマンF6Fの奇襲を受け、かろうじてそれを突破した機も、敵機動部隊上空で恐るべき威力を持つVT信管(近接自動信管。砲弾が目標の一定距離内に達すると、電波信管が作動し自動的に砲弾を炸裂させる)を装備した対空砲火で次々と撃墜された。零戦8機、爆戦31機、天山2機の計41機が未帰還となり、戦果は、敵戦艦、巡洋艦に各1発の爆弾を命中させたほかは、F6Fを1機撃墜しただけだった。

マリアナ沖海戦。日本機の攻撃を受ける米空母バンカーヒル

「要するにあのときには敵のレーダーや無線が非常に発達していて、こちらの攻撃隊の動きが、逐一グラマンに伝えられていた。敵機動部隊の50浬(約93キロ)ぐらい手前に網を張られていて、そこでやられてる。VT信管のことは当時はわからなかったけど、未帰還機のあまりの多さに愕然としましたよ。情けないとも悔しいとも、なんとも言えない気持ちでした」(進藤さん)

マリアナ沖海戦で、米艦隊の対空砲火に撃墜される日本機

三航戦の攻撃隊に続き、一航戦、二航戦の放った攻撃隊も、似たような経過をたどった。先制攻撃をかけながら、450機ものグラマンF6Fによる邀撃と有効な対空砲火を受け、攻撃隊のほとんどが撃墜され、それに対し得られた戦果はわずかであった。一航戦の攻撃隊が、前衛の位置にいた三航戦上空を通過するさい、米軍機と誤認されて対空砲火を浴び、味方撃ちで3機を失うという、予期せぬ悲劇もあった。

藤本速雄さんは言う。

「零戦のエンジンは1100馬力、グラマンF6Fは2000馬力。スピードも違う、防弾装備も違う。グラマンの13ミリ機銃は弾道直進性がよく、遠くから撃たれても命中しやすい。性能ではとても太刀打ちできない。それが450機、日本の空母9隻の全搭載機より多いんですよ。

それからアウトレンジ戦法と言うけどね、たった48機の零戦で80機の攻撃隊を護衛して、400浬(約740キロ)も操縦していって、これだけのグラマンが来て、どうやって戦えますか。例えて言うなら、長距離を走ってきた1人の小学生を、高校生3人ぐらいがつかまえて叩くようなもので、技倆以前の問題です。どんなに腕のいい搭乗員でも、これでは生きて帰るのが不思議なぐらいで、上手とか下手とかの次元じゃない。技倆云々を言うのなら、それをまず頭に入れてからにしてほしい。負けたのを搭乗員の技倆のせいにするのは、司令部の責任逃れだと思うんです」

大戦後期、アメリカ海軍の主力戦闘機だったグラマンF6Fヘルキャット

所属する小隊4機のうち3機が撃墜され、ほかの味方機ともはぐれて単機になってしまった藤本さんは、クルシー(無線帰投装置。空母が発する電波の方向を航路計の針が示す)がキャッチした電波を頼りに引き返し、空母「千代田」に着艦した。目標物が何もない海の上を何時間も飛行し、戦闘までして、一人でふたたび洋上の一点に過ぎない空母に帰りつくのは、想像以上に困難なことだった。空母は高速で航行していて、発艦時とは位置が大きく離れているからなおさらである。

「空戦中は気がつかなかったけど、着艦して機体を調べてみたら、被弾が6発ありました。そしたら艦長・城英一郎大佐が私のところへ飛んできて、どんな状況だったかって聞くんですよ。『千代田』から発進した爆戦隊は1機も還ってないらしい。それを艦長が心配してね……。全部やられたんでしょうが。

翌日(6月20日)、『千代田』の零戦2機と私の3機で上空を哨戒して、2時間半ほど飛んで『瑞鶴』に戻ったら、近くにいるはずの『大鳳』『翔鶴』の姿が見えない。おかしいな、と思ったら、2隻とも、敵潜水艦の魚雷にやられてすでに沈んでたんです。『瑞鶴』も、搭乗員室はガランとしていて誰もおらん。還ってきたのがほとんどいなかったから」

関連記事