# ドラッグストア # 日本株

マツキヨが反撃…? ドラッグストア「大再編」でこれから起きること

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

ツルハとアオキの大合併も…!?

前出・藤本氏が言う。

「まずココカラファインを軸にした統合が進めば、黙っていられないのが首位の座から陥落するウエルシアHDです。ウエルシアHDはもともと再編を経て一体化してきたグループですが、さらなる合併を画策してくることは十分に考えられます。さらに、共同でPB(プライベートブランド)を開発・販売してるツルハホールディングスとクスリのアオキホールディングスの大合併の可能性すら出てくるでしょう」

 

ドラッグストア業界の再編劇は待ったなしだ。

今後は規制緩和などによってアマゾンなどネット勢が医薬品販売に進出してくる可能性もあり、巨大IT勢を迎え撃つにも「巨大化」が必要になってくる。

では、この再編劇の「勝者」のはだれになるのか。

「M&A合戦となれば、自社株の株価が高いほうが有利。となれば、業界首位で圧倒的な地位を確保しているウエルシアHDが有利でしょう。株高施策を実施してくる可能性もあり、ウエルシアの株高が期待できそうです」(前出・藤本氏)

マツキヨが仕掛けた再編劇だが、果たして業界王者のウエルシアの返り討ちにあうのか。しばらくは各社の動向から目が離せそうにない。

そんなウエルシアHDと同様、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』が上昇相場を予想するのがパーク24(4666)だ。

じつはいまその評価が急上昇しているのである。

関連記事