Photo by gettyimages

紫外線を「1万分の1ミリ」で防ぐ! 最強の「日焼け止めの科学」

「匠」が世界初商品の舞台ウラを語った
「塗っているのに、焼けてしまう……」

日焼け止めを使用する女性の約8割が、こんな悩みを抱えているといいます。「絶対に焼きたくない!」のにどうして焼けてしまうのか……。

花王は、7年もの歳月をかけてこの原因を突き止め、新技術を開発。快適なつけ心地を維持しながら、ミクロレベルの塗りムラを防止する世界初の日焼け止め処方を開発しました。「リケラボ」編集部が、商品開発を担当されたスキンケア研究所・主任研究員の福井崇さんに、お話をうかがいました。

目指すは「塗りムラ撲滅」! 苦節7年の研究成果

──開発された製品は、どんな点が画期的なのですか?

日本国内の紫外線量は長期的に増加しており、過酷化しています。そんな環境下でも、安心して快適に外出していただけるよう、日々、日焼け止めの研究を重ねています。

「ビオレUV アクアリッチ」は、ウォーターベース(ジェルタイプ)の「べたつかない快適なつけ心地」と「高いUV防御力」の両立を目指して開発した商品で、世界初の新技術を搭載しているんですよ。

──世界初の新技術! どんな技術なのですか?

ウォーターベースの日焼け止めにおいて生じていたミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぐことができる「ミクロディフェンス処方」です。

日焼け止めを塗っても焼けてしまうのは、塗る量が足りなかったり、汗や水で流れたり、衣服やタオルでこすれたりした際にとれてしまったスキマから紫外線が侵入する「スキマリスク」が主な原因です。特にウォーターベースでは、日焼け止めを塗った後、目に見えないくらいの細かいスキマが肌に生じてしまうことが課題でした。

もともと日焼け止めは、オイルをベースに紫外線防御剤を配合し、それが肌を覆うことで日焼けを防いでいるのですが、油はべたつきがありつけ心地が重いため、最近は水をベースとしたつけ心地の良いジェルタイプの日焼け止めが主流となりつつあります。

2010年に当社が発売したウォーターベース(ジェルタイプ)の日焼け止めは、みずみずしいつけ心地と高いUV効果を実現させた製品として大変話題になりました。オイルの中にしか分散できなかったUV防御剤を、水性素材の中に均一に配合させる技術を開発したことで実現できた製品です。

ところが、肌をミクロレベルで観察すると、細かい「ミクロレベルのムラ」ができ、その隙間が日焼けの原因のひとつになっていることが判明したのです。そこで改良を加え、日焼け止め剤にムラなく均一に肌を覆わせることを実現させたのが、今回発売した「ビオレUVアクアリッチ」シリーズの2品と、新シリーズの「アスリズム」のエッセンスです。

独自製法により、水に馴染む親水基と油に馴染む親油基の両方を持った成分からなる紫外線防御剤をひとつの分子内に内包したカプセルを配合した、世界初の日焼け止め処方です。

カプセルの大きさも、ミクロンよりさらに小さいサブミクロンレベルで設計されているんですよ。

──「塗りムラがある」という事実は、どのように発見されたのですか?