日本の「梅雨」には東西で2種類あるってご存じでしたか?

飛行機の到着時間に差が出るワケも!
ジメジメ、ムシムシ……。梅雨ってどよ~んとした気分になりますよね。しかし、ひとくちに「梅雨」といっても、実は東日本と西日本とでまったく性質が異なるものなんです!
その原因は支配的な「気団」にあるようですが……?
気分が落ち込みがちな梅雨の季節、身近な謎を解き明かして「スッキリ」してみましょう!

「気団」ってなに? 「前線」ってなに??

6月といえば梅雨の季節。夏本番の前に、くもりや雨の多い時期が1~2ヵ月ほど続く、厄介な季節です。

この時期にテレビで天気予報を見ていると、「梅雨前線(ばいうぜんせん)」という言葉がよく出てきますよね。天気図では、日本列島の南側に東西に横たわる線が描いてある。これが梅雨前線です。

地球上では、たとえば「温度が高くて湿っている」というような、ある一定の性質をもった大気が、大きなかたまりのようになって広い地域をおおっていることがあります。この大規模な大気のかたまりが「気団」。同じ性質をもった大気の団体、ということです。

そして、違う性質をもった気団どうしが接すると、そこに「前線」ができます。前線のところでは、違う性質の大気どうしが混じりあおうとしているので、大気の状態が不安定になって天気が悪くなるのです。

東と西ではうどんのつゆも、天気の梅雨も違う

さて、梅雨前線の話に参りましょう。梅雨前線の南にあるのは小笠原気団。太平洋の上にある「暖かくて湿った」気団です。では、前線の北側にある気団はなんでしょう。

梅雨前線の北側の西半分、つまり大陸のほうにあるのは、長江気団(ちょうこうきだん)という「暖かくて乾燥した」気団。そして、東半分にあるのはオホーツク海気団とよばれる「冷たくて湿った」気団です。日本列島は、この2つの気団のちょうど境目くらいの場所にあります。

だから、東日本の梅雨は、寒冷なオホーツク海気団の影響を強くうけて、冷たい雨がしとしと降ります。一方、西日本の梅雨は、それほどひんやりした感じはない。南の海上から湿った空気が大量に吹きこむことがあり、大雨になって土砂くずれなどの被害がでることが多い。

東日本の梅雨は「しとしと型」、西日本は、降るときには激しく降る「ザーザー型」ともいわれています。おなじ「梅雨」でも、西日本と東日本とでは、ずいぶん違うのです。

びっくり! 地球46億年史』では、これ以外にも地球環境にまつわる様々な謎に迫っています!

次のページでは、東と西にまつわる「飛行機の謎」を解き明かします!