Photo by gettyimages

これは「静かなる有事」だ…2045年のヤバ過ぎる日本の未来

東京は3人に1人が高齢者に

令和の日本は、これまで世界が経験したことのない極めて深刻な人口減少・少子高齢化に見舞われる。日本全体で人口が2000万人減ったその時、思いもかけないニッポンの姿が浮かび上がる。発売中の『週刊現代』では、その変わりゆく姿について特集している。

人口増の東京も老人ばかりに

歴史を辿れば、日本は過去、3度の人口減少・停滞期に見舞われている。1度目は縄文時代後期、2度目は平安時代後期、3度目は江戸中期。いま、令和の日本が直面しているのは、4度目の人口減少期だ。

ただし、過去の人口減少と今回のそれには大きな違いがある。これまでの人口減少が気候変動による「一時的なもの」だったのに対して、今回のそれは、日本が消滅しかねないレベルの急速かつ「終わりの見えない減少」ということだ―。

〈人口自然減 初の40万人超え〉
〈'18年に生まれた子供の数は91万人で過去最少〉

6月7日、厚生労働省が発表した'18年の人口動態統計には、少子高齢化と人口減少が深刻なレベルで進行していることを示す数字が並んだ。

「想定されていたこととはいえ、最悪のコースをたどっています。政府はこれまで少子化対策や地方創生という名目で数兆円を使ってきましたが、成果が上がらなかったと認めるべきでしょう」

こう話すのは公益財団法人・日本国際交流センター執行理事で『限界国家』などの著書がある毛受敏浩氏だ。

「いま日本で起こっている人口減少の深刻さは、砂時計に例えるとわかりやすい。地方で人口が減り始めて、大変なことが起こっていると認識している反面、『まだ大丈夫だろう』と安心している。

しかし、砂時計は、最後のほうになるとあっという間に砂が流れ落ちてしまいます。このまま人口減少が進めば、まるで砂時計のように一挙に地方都市が消滅しかねないのです」

 

日本で進行する人口減少・少子高齢化を「静かなる有事」と名付け、『未来の年表』シリーズなどを通じて警鐘を鳴らしているのは、ジャーナリストの河合雅司氏だ。河合氏もまた、日本人は人口減少にもっと危機感を抱くべきだ、と指摘する。

「日本が少子高齢化・人口減少社会に突入したことは、誰もが知る『常識』になりました。しかし自分の住む地域や、近隣の大都市がどのように変貌するのかをわかっている人は少ないはず。

そこで、'45年の日本の現実を、地図にして示しました。それが『未来の地図帳』です」

『未来の地図帳』を開きながら、日本の哀しき未来図を見ていこう。