実家の空き家問題、「処分できる」「処分できない」の境界線はここだ

固定資産税の重い負担がのしかかる
曽根 恵子 プロフィール

相続放棄は「万能」なのか

Kさんはすでに自分の家を購入して住んでいますので、実家に住むつもりもありません。できるだけ実家に費用をかけたくないという気持ちです。そこでKさんは知恵を絞って、ひとつの方法を考えました。それは、「Kさんが相続した実家の不動産を実母に贈与して、将来の母親の相続の時に相続放棄をする方法」です。そうすれば、妻子に迷惑かけずに、いらない実家の不動産を棄てられると考えたのです。

母親はKさんの家とは比較的近いところに住んでいて、実父と離婚したとはいうものの行き来をしており、事情を話して固定資産税などの費用を負担してくれれば協力してくれるといいます。

しかし、実務的にそうしたことができるか? そもそも、費用(贈与税、手数料等)はどのくらいになるのか? 贈与した後もKさんが固定資産税を払うことは可能なのか? 母親が亡くなった場合、相続放棄をすれば、実家の不動産は固定資産税などを含めてまったく関わらなくなるのか?……。Kさんはこんな疑問を持ち、私のところへ相談にきたわけです。

以下、順を追って見ていきましょう。

 

まず、Kさんの実家の土地、建物の評価は460万円ですので、贈与税の基礎控除110万円を超えた分に贈与税が課税されます。税率は20%で贈与税は45万円。

【計算式】 460万円-(110万円×0.2)-25万円=45万円 

さらに名義変更の費用と不動産取得税がかかります。母親の名義になると固定資産税の請求は母親に行きますが、母親の代わりに払うことは問題はありません。よって贈与はできるが、贈与税と名義替えの費用や不動産取得税、などで数十万円の出費が必要になると言えます。

SPONSORED