〔photo〕iStock

実家の空き家問題、「処分できる」「処分できない」の境界線はここだ

固定資産税の重い負担がのしかかる

固定資産税の重い負担…

40代のKさん(男性)から相談がありました。父親から地方の実家を相続して、悩んでいると言うのです。

というのも、Kさんは実家に戻って住む選択肢は100%ナシ。一方、父親が亡くなってから、相続した「住まない実家」や「利用しない田畑、山林」の固定資産税は支払ってきました。相続から2年過ぎ、このまま固定資産税を払い続けるのも負担が重いので、そろそろ処分しようと思ったのですが、簡単には売れそうにない現実に直面。自分が死んだ後、この「住まない実家」を妻や子供たちに相続させて迷惑をかけるのはなんとか避けたい。いったい、どうすればいいのか……と言うことでした。

〔photo〕iStock

こうした悩みを抱える人はいま日本にたくさんいるでしょうが、ものすごく根深い問題です。相続した実家の空き家が負担になっている人、それを避けるために相続放棄したいが踏み切れない人など…悩みも多岐に及びます。ではこのようなときどうするのが「正解」なのか。Kさんのケースをもとに対処法について考えていきましょう。

 

もともとKさんの父親は80代で亡くなり、地方にある実家の不動産をKさんが相続しました。母親は70代で健在ですが、父親とはもう20年ほど前に離婚していたので、相続人は姉とKさんの2人でした。

姉は結婚して他県に住んでいます。Kさんも大学入学時から実家を離れていて、離婚後は父親がひとり暮らしをしてきました。その後、姉もKさんも父親の介護には当たれないため、父親は施設に移り、そちらで亡くなったのでした。

父親が亡くなったとき、預金が500万円ほどあり、姉と二人で等分にしました。父親は遺言書を残さなかったため、姉とふたりで話し合って決めたことです。相続税の申告は不要だったので、ここまでは何ら問題なく、手続きができました。

しかし、問題は不動産でした。