2019.06.16
# 不動産

プロがこっそりやっている「マンションを1000万円高く売る」テク

負動産が富動産に化ける
日下部 理絵 プロフィール

些細なことで「大きな効果」

マンション購入者がチェックするポイントは無数にありますが、資産価値としてはやはり「立地」が重要です。マンションの検索サイトでも、「エリア」→「予算」→「広さ」というフローで物件を絞り込んでいく人がほとんどです。

「通勤・通学に便利だった」「隣人トラブルもなく、子育てに過ごしやすい環境だった」といったあなたの感想は、購入検討者が物件に良いイメージを持つ判断材料になります。不動産会社にしっかりとアピールし、広告や掲載チラシを作ってもらうようにしましょう。

 

チラシの写真を見たり、実際に内見をして購入検討者は住んだイメージを膨らませるわけですが、大切なのは部屋を清掃し、「空室」にして売ることです。

購入検討者はあなたの物件に「夢」を抱いて内見に来るのですから、生活感はできる限り消しておいた方が成約につながります。居住しながら売却する場合も、トランクルームや実家に荷物を送り、徹底的に荷物を減らしてモデルルームに近づけるよう整理整頓を心がけましょう。

〔photo〕iStock

特に水回りが使いやすいかどうかを気にする女性は多く、内見時に必ずチェックされています。

自力で清掃できない場合はハウスクリーニングを入れたり、浄水器のフィルター交換など安価でできる設備修理は済ませておいたほうがポイントは高いです。

SPONSORED