いまマンションを「高値で売却」する3つのチャンスが到来している

流れが変わった
日下部 理絵 プロフィール

少なくとも2022年までに…

数年前までは、「東京オリンピック・パラリンピック開催後に不動産価格が大暴落するので、売却するならその前のほうが良い」という説が巷を賑わせていました。

 

しかし、大地震などの災害や経済状況などを除いては、大幅に価格が下落する要因が見つかっていないのが現状です。そもそも不動産価格は2014年後半から少しずつ上昇しており、現在は東京オリンピック・パラリンピック開催の期待を受け、東京を中心にさらに価格が上昇し、需給バランスから価格調整が行われています。 

五輪開催に伴い、人手不足による人件費の高騰(5年前の1・3倍)や、建築資材の高騰もマンション価格の上昇につながっています。こうした市況を総合すると、中古マンションの売却を検討しているのであればできる限り早く、少なくとも2022年までに、ということになるかと思います。