あの大女優たちが「ヌード」になった理由

売れようとしたのではなく…

大女優は、30年以上前にスクリーンで裸身を見せていた。ただし、それによって売れようとしたわけではなく、求められた役柄を演じただけ。それこそが今の時代にない「女優の凄み」だった―。

幼い顔で豊満な19歳

'70~'80年代は、個性的な女優が映画で身体を張った演技を披露することを厭わない時代だった。現在でも、女優が売れるためにあえてヌードになることはある。しかし当時は役を演じるためだけに、自然に身体を張った。

秋吉久美子(64歳)も、その一人。彼女は実質的なデビュー作である巨匠・藤田敏八監督の『赤ちょうちん』('74年公開)で、ヌードを披露した。

赤ちょうちん秋吉久美子出演の『赤ちょうちん』(Amazonより)
拡大画像表示

同作は「かぐや姫」のヒット曲をモチーフにした青春映画で、彼女は撮影当時まだ19歳。だが、この映画で大胆なベッドシーンを披露している。

秋吉が演じるスーパーのレジ打ちの幸枝と駐車場で働く政行(高岡健二)という若いカップルが主役。貧しい二人は斎場のすぐ隣にあるボロアパートで同棲を始める。

「静かすぎて気持ち悪い」

 

ストーブの灯りだけで照らされた夜の部屋で、幸枝は指を噛みながら、不安な気持ちを漏らす。

「俺たち大丈夫だよ、きっと上手くいく」

政行はそう言いながら、後ろから幸枝を抱きしめた。二人は全裸だった。「ウン」、幸枝がうなずくと、男女は向き合って唇を重ねる。そしてお互いの身体を貪り合い、部屋には幸枝の荒い吐息が響いた。