Photo by iStock
# 婚活

結婚できる女性・できない女性の差は「会話力」にあった

そのひと言が運命を分ける
近年、上昇し続けている未婚率。「結婚したいのに、どうしてできないの?」と悩んでいる女性も多いだろう。高い成婚率を誇る「婚活分析アドバイザー」で、著書『『普通』の結婚が、なぜできないの?』を出版した三島光世氏は、婚活を成功させるために「男性との会話をメモすること」を勧める。会話力をぐんと高める「メモの魔法」について、三島氏が語った。

「会話力」を上げるために

結婚にいたるまでには、いくつかの大切なプロセスがあります。その1つに会話があり、見落とされがちな要素に「女性の会話力」があげられます。

Photo by iStock

たまに「私は大丈夫」とか「女性には必要ない」と、自分の会話力についてかえりみない方がいます。でも、そう言っている女性たちこそ、私のところにご相談に来て、婚活が長引くことが多い、という点も申し添えておきます。

男性との会話ではメモが大事です。とくに婚活で何度も男性と会うのですから、あまり男性との会話に慣れていない人や、口ベタな人、人見知りする人は不利です。

飲み友だちくらいでしたら気軽に話せるかもしれませんが、婚活は運命の結婚相手を探しているもので、それは相手の男性も同じです。女性側も会話1つひとつから、いろいろなことをジャッジされています。

具体的な対策としては、毎回デート終了後に、彼と交わした会話の内容をメモしておきましょう。「自分の会話内容はどうだったか?」をチェックするのです。異性との関係がうまくいかない理由、結婚へ進めない理由がわかります。

 

会話をメモするための第1目的は、男性に「言ってはいけないこと」「触れてはいけない話題」、つまり地雷を察知するためにあります。ここでは、会話をどうやってメモしていくと、男性の地雷が事前に察知できるかを記載します。

まず、婚活しているときに出会った男性との会話を、できるだけ細かくメモしてください。一言一句、逃さないくらい覚えておき、メモに記しておきましょう。

相手がその話をしたときに、自分はどう答えたかを思い出せますか? 

メールやラインなら見返すことができますが、会話は見逃してしまいがちですし、何より忘れてしまいがちです。会話の流れも、どういったニュアンスでの発言だったのかも、相手の顔色も忘れてしまいます。

ですから、デートから帰ったら、最初におこなう作業といっても過言ではありません。もしくは、帰りの電車のなかでメモしてもいいですし、化粧室に立ったときに書き留めておくのもいいでしょう。