photo by Getty Images

天安門事件30周年の日、中国で起きたネット上の「新たな大虐殺」

6月4日、1万個のアカウントが消えた

平穏だった天安門事件直前の北京

1989年の3月、大学卒業と就職を控え、同じ中国文学専攻の学友と中国を2週間ほど旅行した。

北京に着き、会社の上司となる北京支局長の自宅に友人と招待され、中国料理をごちそうになった。「今年は何か大きな取材テーマがありますか?」「来年のアジア大会までは今のところないね。」このような会話を交わし、支局長の車で暗い北京の街をホテルまで送ってもらった。

北京には数日間滞在したが、天安門広場近くに開店したケンタッキーフライドチキンの1号店に長蛇の列ができていたくらいで、中心部からやや離れた北京大学にも行ったが、いたって平穏だった。

ところが帰国し仕事を始めて間もなく、天安門広場で学生運動が発生した。運動に参加したのは自分とほぼ同世代の学生だった。いまさらタラレバをいっても仕方ないが、事件がもう少し早く起きていれば、あるいは自分がまだ学業を続けていれば、20世紀の最大の事件の1つを目撃できただろうと残念に思った。

ちなみに、中国文学科で指導を受けた丸山昇教授(故人)は6月4日の惨劇の知らせを知って、学生の前で涙を流したという。中国革命に希望を抱き、魯迅を中心とする中国文学の研究の道に入られた先生にとって、人民の軍隊が徒手空拳の学生を戦車や小銃で弾圧したことは、さぞかしショックだっただろう。

 

あれから30年を経た6月、日本でも天安門事件についてさまざまなシンポジウムや集会が開かれた。そのいくつかに出席したが、中でも中身が濃かったのが、明治大学が開いたシンポジウムだった。

当時の学生運動リーダーだった王丹氏や、天安門事件後に共産党指導部が開いた内部会議の記録を入手し、香港でこのほど出版したコロンビア大のアンドリュー・ネイサン教授、民主派を代表する学者で「北京の春」編集長を務めた胡平氏、天安門事件後の新左派や各種の思潮を研究しこのほど「改変中国:六四以来的中国政治思潮」(邦訳は「新全体主義の思想史 コロンビア大学現代中国講義」)という大著を出した同大学の張博樹氏、そして日本からも横浜市立大学名誉教授の矢吹晋氏らが登壇し、朝から夕方まで議論が交わされた。

その前日に開かれた別の集会にはもう1人の学生運動リーダー、封従徳氏や、元北京大教授の夏業良氏が出席。夏氏とは食事をし、意見を聞く機会も得たが、まさに民主派の中国人学者や活動家が揃い踏みした感があった。