# 節約 # キャッシュレス

1000万円「貯まる人」になりたいならこのマネーアプリ10選

170本ほどのアプリから厳選
山崎 俊輔 プロフィール

カテゴリーごとに選ぶのが「コツ」

それでは「厳選10本」のマネーアプリを紹介しましょう。

やり方は簡単。カテゴリーごとに下記のアプリをインストールしてみましょう。

1.「モバイルバンキング」を1~2つ
 あなたのメインバンクのアプリでOK
2.「クレカアプリ」を1~2つ
 あなたのメインカードのアプリでOK
3.「電子マネー」を2~3つ
 モバイルSuica、PayPay、LINEPay(イオンやイトーヨーカドー利用者はそれぞれWAON、nanacoでも可)
4.「家計簿アプリ」を1つ
 以下のひとつお好みでインストール(Zaim、マネーツリー、マネーフォワードME、Dr.Wallet、LINE家計簿)
5.「汎用ポイントアプリ」を2~3つ
 Tポイント、dポイント、楽天ポイント
6.「LINE」そのもの
 企業アカウントのフォロー、LINEクーポン、LINEポイント(ポイントカード)、LINEPay、LINE家計簿などをLINE内で設定する
〔photo〕gettyimages

カテゴリーごとに選定理由を紹介

それぞれのカテゴリーごと、カンタンにアプリの選定理由を紹介しましょう。

1.モバイルバンキング
2.クレジットカード

自分のメインバンク(給与振込口座)となっている銀行、およびメインカードとなっているクレカのアプリを設定します。

 

銀行アプリの設定によりATMに立ち寄って残高照会する手間が不要になり、クレカアプリの設定により引き落とし額と日にちのチェックがいつでもできるようになります。

また、後述する家計簿アプリと銀行、クレカを連携すると自動記帳されるようになります。

関連記事